映画・テレビ

「マリと子犬の物語」。

Photo

新潟県山古志村に住む仲良し兄妹、亮太と彩。母親は病気で亡くなり、父親と祖父の4人家族だった。ある日、彩は原っぱで捨て犬を拾う。父親が犬嫌いのため、一度は諦めようとするが、彩はひとりぼっちの子犬を見捨てる事ができない。父親も彩の優しい心に負け、一家で飼う事になった。マリと名づけられた子犬はすくすくと成長し、ある日、子犬を3匹産んだ。家族が増えて彩と亮太は大喜び。そんな時、山古志村を悲劇が襲った…。

__________________________

今月公開されたお正月映画です。観に行っちゃいました~~~!(≧▽≦)♪

予告をTVで観た元同僚から、「絶対観たいから一緒に行って~~!」と以前から懇願されていたこの作品。今日はレディース・デーと言う事もあり、朝イチから乗り込んだ訳でありますが・・・、時は冬休み真っ只中。家族連れのお客さんで、朝も早くからごった返し!30分前に現地に着きはしたものの、既に満席(T T) 朝一番の上映に間に合わず、泣く泣く3時からの上映に予約を入れて、それまで約4時間、百貨店の中をひたすらウロウロウロウロ・・・。観る前からぐったり疲れてしまいました(笑)。やっぱり、学校が休みになってから映画を観に行く物ではありません^^; 余計なお金は使ってしまうわ、駐車料金がやたらとかさむわで、折角のレディース・デーの格安料金もパーになってしまいましたトホホ・・・

この映画は、2004年に起きた新潟県中越震災での出来事を、フィクション的な要素を交えて製作された感動の物語です。
私は映画の中盤からラストにかけて殆ど泣き通しで、今でも頭がガンガンしています^^;

実はこの震災を知った時、私は家族と熊本の方へ旅行に行ってました。日帰りで行くはずだったのですが、急遽一泊しようとと言う事になり、ホテルも予約していなかったものですから、トレーラーハウスを借りて宿を取る事になりました。そこで、この悲惨なニュースを目にした時、あまりのショックで泣いてしまったんです。
「私達はこうやってバカみたいにのんびりしていると言うのに、こんな悲しい現実と闘わなければならない人がいるんだ・・・」。自分の呑気さが憎たらしくなってしまった覚えがあります。
この映画の中で、震災の瞬間を再現しているシーンがあったのですが、それを観た瞬間堪えられなくなってしまって、周りも気にならないくらい号泣してしまいました(T T) 隣に座っている子供に何度も覗き込まれてしまいましたよ^^; お恥かしい・・・。
震災の再現シーンは、あまりにもリアルになり過ぎないように、かと言って生ぬるい描写ではなく・・・と、製作側がいろんな角度から考慮して作られたらしいのですが、実際映像で観て胸が張り裂けそうでした。どんなに怖かっただろう。どんなに辛かっただろう。経験していない私がこんな事を書くのは大変失礼だとは思いますが、でも今の私の正直な気持ちなのです。

大筋はノンフィクションらしいので、思いっ切り感情移入してガンガン泣けます。でもこの作品を通して家族の絆、母親(犬)の強さ、極限の状態に置かれた人間の心情・温かさを痛感出来る作品です。
祖父役の宇津井健の素晴らしい演技、またもや兄妹役に抜擢された広田亮平君と佐々木麻緒ちゃんの天才子役ぶりがあます所なく輝いています。ホンっとーに泣けますよ~~(><;

同じ災害モノとして『ナショナル・トレジャー』、感動モノとして『恋空』などが公開されていますが、日本人として本当の意味での感動を味わうならば、まずこの作品を観て頂きたい。元来洋画贔屓の私なのですが、こればっかりはこちらをチョイスして欲しいと願います。特に若い世代の方、「流行りモノ」に流されて欲しくありません。
但し、お父さん役の船越栄一郎、自衛隊員役の高島政伸のオーバーリアクションと大根ぶりにはズッコケてしまいましたが(笑)。

とにもかくにも、久々映画館で観た作品に感動させられてしまった私であります。

にほんブログ村 映画ブログへ応援して頂けたら嬉しいです(*^^*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

抱腹絶倒の爆笑映画!

最近、すっかり鬱状態が進行しているクロエです。何つーか・・・、自分ではどうしようもないんですよね~。気持ちだけでもリラックスさせるため、ひたすら映画を観てレビュー記事に専念する毎日を送っています。
こんな気分なので、日頃懇意にして頂いている方、度々訪問して下さる方のブログからも足が遠退いてしまって・・・。本当に申し訳なく思っています(T T)

「こんな気分を何とか一掃したい!」と考え、テンプレ変更を行いました^^
何と、12月22日公開の映画、『俺たちフィギュアスケーター』の公式テンプレートなんですよ~♪

Photo昨日より配信されているこのテンプレートとブログパーツ。是非、プラグインに設置しているパーツをクリックして、公式ページに行かれてみて下さい。マジ馬鹿ウケしますから!(≧▽≦)

主演はウィル・ヘレル、ジョン・へダー。へダーは『バス男』ででも大人気ですよね(写真でリフトされてる方・笑)。いや~、かなりのハンサムでビックリです^^;

今年全米で『オーシャンズ13』を抜き 、2週連続ナンバー1を樹立させた本作品。ただ、「男同士のペア」と言う事で気持ち悪かったのか(笑)、日本の映画配給会社からの買い付けがなく、日本公開は絶望的だったらしいのですが、めでたく正月映画として公開に踏み切る事が出来ました♪ 日本の映画会社ってつくづくドあほうですね^^; サイト行ってちょこっと触りを観てみましたが、面白過ぎて大笑いできるんですよ!私だったら即買いなのに。どこまでも防御体勢が頑なな日本の映画界は、この先発展できるのかしら?と首を傾げたくなってしまいます。

スケートシーンでは、サーシャ・コーエンなどの豪華スケーターの競演もあるとかで、金かけてますよ~。主演の2人も、この役のため猛特訓を受けたらしく、観客を唸らせるパフォーマンスを披露してくれているとか^^ 日頃コメディー物には進んで手を出さない方なのですが、この映画はかなり観たい!出来れば劇場で!「全国順次公開」ってしてあるから、こちらまで来るかどうかは謎なんですけどね^^;

私がこんな状態のせいか、娘の登校拒否症状が再発し、家の中の空気がドンロドンロの我が家。こんな時、家族でこういう爆笑コメディーでも鑑賞して、鬱憤を晴らしてみたい気もします。
皆さんにも明るい年越しをして頂くために、絶対おススメの映画です~♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

気になる公開映画。

「さらば、ベルリン」

解説: ジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグ監督のコンビが送る、第二次世界大戦後のベルリンを舞台にしたサスペンス。戦後の闇に潜む謎を追うアメリカ人従軍記者にジョージ・クルーニー。混乱のベルリンを生き延びた元恋人をケイト・ブランシェットがミステリアスに演じる。1940年代の撮影手法と終戦時の記録映像を用いたソダーバーグこだわりの演出で、フィルムノワールの雰囲気を存分に味わえる。

ポツダム会談の取材のため、ベルリンを訪れたアメリカ人従軍記者のジェイク(ジョージ・クルーニー)。かつて、ベルリンに残してきた恋人のレーナ(ケイト・ブランシェット)に再会するも、彼女はジェイクの運転手タリー伍長(トビー・マグワイア)の恋人となっていた。そんな中、銃殺されたタリー(トビー・マグワイア)の遺体がソ連占領地区で発見され……。 (シネマトゥデイ)

原題 THE GOOD GERMAN
製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 108分
監督 スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮 ベンジャミン・ウェイスブレンフレデリック・W・ブロスト
原作 ジョゼフ・キャノン
脚本 ポール・アタナシオ
音楽 トーマス・ニューマン
出演もしくは声の出演 ジョージ・クルーニーケイト・ブランシェットトビー・マグワイアボー・ブリッジストニー・カランリーランド・オーサージャック・トンプソンロビン・ワイガートラヴィル・イシアノフ

この秋、観たい映画が目白押しの私。連日連夜テレビの前にデン!!と陣取り、主人や子供達のブーイングもものともせず、目標100本を目指し、ひたすら驀進劇を繰り広げている訳でありますが、やっぱり映画キチガイの私にとっては、「映画館で映画を観る」と言うのは外せないイベントなのであります。
ただ皆さんもご存知の通り、映画のチケットってそんな安い物ではありません。確かに、「女性サービスデー」や「映画の日」、「前売りチケット」などお得な物・情報を駆使して、いかに安く映画を観るかと言う事に時間を費やし、努力してらっしゃる方もいるようですが、なかなかそこまで頭は働きませんし、チケット(前売りではなく、回数券みたいな物があるんですよ)を買ったものの、時間が取れずになかなか行き出せない・・・と言う結果になってしまったら、元も子もありません(初め買う時は、結構なお値段になりますから・・・^^;)。となれば、やっぱりDVDなどについつい頼ってしまうんですね^^; しかも最近では、DVD化するのも早くなって来ましたよね?だからこそ、若い方達の「映画館離れ」が進むのでしょうが・・・。

でも今回の私は、今までの私とちょっと違う(ど、どこがだろ?)^^ 仕事も辞め、充分に時間が取れるようになったし、ちょっと昔を思い出して、映画館の梯子なんぞをしてみようかな?などと考えています。はっ!私が良く行く映画館は、ひとところで何本も観れるんだったわ・・・。これじゃ、梯子は出来ません・・・^^;

まぁそんなこんなで(どんな?)、今秋観たい作品の中の1本がこれ。
ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット主演の、「さらば、ベルリン」。スティーブン・ソダーバーグ監督とクルーニーによる、ゴールデンコンビのラブ。サスペンス映画であります。

326439view011舞台は、1945年のベルリン。クルーニーが扮するのは、ポツダム会談の取材のためアメリカから来た雑誌記者の役です。うっわ~、相変わらず濃い~(><) 私、あんまりお好みではないんです、彼・・・。嫌いじゃないけど、濃過ぎ・・・(--;)

326439view006クルーニーの相手役を務めるのは、この方、ケイト・ブランシェット。最近私の記事、彼女の事書く事が多いような気がするんですけど・・・。気のせい?^^;
美人・・・とはちょっと違いますが、存在感たっぷりの演技派女優です。クルーニーとは違い、彼女はとってもお気に入りなんですよ^^

かつて訪れていたベルリンに再び戻り、以前の恋人を探し出しアメリカへ連れて帰ろうとしていたクルーニーの前に、娼婦に身をやつした姿で現れるブランシェット。しかも彼女は愛人の身。そしてその相手は何と・・・・。

予告ストーリーを読んだだけで、一気にのめり込んでしまいました。
この映画はオールモノクロ。ハリウッドの古き良き時代のテイストが、満遍なく溢れています。映像も、昔ながらの撮影技法を使ったそうで、クルーニーとタッグを組み、あくまでもこだわりを通したおっさん達の情熱が、画面から伝わって来るんじゃないかと思いますね^^

先日DVDがリリースされた「スパイダーマン3」の主役、トビー・マグワイアも出演しています。「スパイダーマン」で見せている、ちょっと気弱な正義のヒーローではなく、ダークな役回りのように書かれていますが、彼もまた凄く演技達者な俳優です^^ ハンサムとか言う表現は出来ない彼なのですが、深みのある演技力で幅広い年齢層の方々から支持を受けています。彼がどんな顔を見せてくれるのかも、ちょっと楽しみなのであります^^

映画館に足を運べるのがいつになるか今の処はっきりとは言えませんが、絶対2本は観たい!と思っています。ホントはもっと観たいんですけどね^^; お金と時間がない(涙)。だから、今日もTVに張り付いているクロエなのでありました^^;

| | コメント (29) | トラックバック (1)

「プレデター」。

プレデター DVD プレデター

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今夜9時より、日本テレビ系列で放送されていました。
1987年公開と言う、かなり古い作品ですね。今や政治家となったシュワちゃんこと、アーノルド・シュワルツェネッガー主演です^^ あああああああああぁぁぁぁ~~~~・・・何と言う肉体美・・・!!私が彼を初めて知ったのは、彼のデビュー作である「コナン・ザ・グレート」と言う作品でした。一発であの逞しさにノックアウトされた私は、ホントに長い事彼のファンでした。今でも充分ファンです。
決して演技達者とは言い難い彼ですが、あの肉体美とお茶目な素顔が大好きで、全く飾り気のない彼の虜だったんですよ^^ 彼がケネディ元大統領の血縁者と結婚している事から、早くから政界入りを囁かれていましたが(「デモリションマン」と言うスタローンの映画で、大統領になったと言う設定には笑えました。当時ライバル視していたシュワちゃんに対する皮肉だったんでしょうね^^;)、こんなにあっさりとハリウッドを引退してしまったのは残念です(涙)。

「プレデター3部作」の第1弾でもあるこの作品。私はこの作品がかなりお気に入りなのですが、全部面白いですよ^^ 2が今度スカパーであるので、またレビュろうかな?なんて考えています^^; 何だかんだ言いながら、娯楽作品ばっか観てますね、わし^^;

続きを読む "「プレデター」。"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

いよいよ始まりました!^^

「医龍-Team Medical Dragon-」。

あの男が帰って来た!去年の春の大人気ドラマも第2弾です^^ 
ゴールデン・タイムを2時間半と言うぶっちぎりの枠で初回を飾りました。第1弾の反響が、どれだけ凄かったかを窺わせますね~。私もこのドラマは(去年のヤツ)、家族でハマって観ていました。モチロン、DVDも揃えています^^

以前の記事で紹介した「白い巨塔」は、どちらかと言うとシリアスドラマでした。このドラマは漫画が原作で、内容的にはシリアスな部分が殆どですが大まかにはコミカルです。ただ一人、主役の坂口君だけが、眉間に皺寄せまくってカッコつけてマス(笑)。でもそこがこのドラマの「うり」なんでしょうけど^^;

前回のキャストとほぼ同じなのですが、今回は稲盛いずみ扮する加藤晶の登場はありません。しかし、適役は健在。前回、タイにとばされた野口元教授こと岸部一徳が、パワーアップして帰って来ます。今回のポストは「リスクマネージメント」と言う、大学病院の運営に携わる、所謂教授よりも更に上の地位です。何でも「オーナー直々」の要請とかで、帰って来た早々教授を一人とばすんですよ(笑)。今回の憎まれ度もかなり期待出来ますね^^

今回のお色気担当(?)は、これまたお久しぶりの内田有紀。初っ端轢き逃げに遭い、明真大学病院のERに担ぎ込まれるも、殆ど助かる見込み無しだった所を、客員医師として呼び戻された朝田龍太郎によって命を取り留めます。初めはただの患者、医療ジャーナリストとしての表向きの顔しか見せませんが、次第にその正体を明らかにしていきます。そう、彼女が黒幕なんですね~。どんな悪役っぷりを見せてくれるか、それとも、前回の稲盛いずみのように味方に変わって行くのか、ここも楽しみの一つです。私は後者だと思っていますが(笑)。

私の大好きな木原医師の存在も健在です^^ 彼を演じているのは池田鉄洋。決してかっこいい!とかじゃありませんが、この話になくてはならない存在です。今回もどんな媚を見せてくれるのか本当に楽しみ!そして、今回の「木原語録」にも期待しています^^ いや、私が勝手にそう呼んでいるだけなんですケドね^^; このドラマをついつい観てしまうのは、坂口君が大好きってのと彼を観るためなんですが、全然本編には関係ないこのキャラが、まるで味噌汁に入れるネギのような役割なんですよ(私にとってですが・笑)。彼がいないと、このドラマの面白味は半減するんではないでしょうか。要チェックの役者さんなので、興味があったら観てみて下さい^^

「金で命は買えるのか?」。
今回のテーマですが、前回は内部抗争にスポットライトを当て、大学病院の腐敗ぶりを皮肉って進めた内容が、この第2弾では衰退する大学病院を金で買い上げる外資系企業との抗争が中心になって来る気配の展開です。

早くヴェールを脱ぎ、黒幕としての顔をみせた内田有紀が、岸部一徳と共謀してどこまで坂口君を追い詰めて行くのか。来週からは大塚寧々が登場しますが、彼女がどういう役割なのか、敵か味方か。朝田龍太郎の新たなる戦いは、まだ始まったばかりです。

相変わらず、上半身裸でイメージ・トレーニングするシーンがありますが、どうしても脱がなきゃいけないのね(笑)。やっぱ、ここんとこが漫画原作だわと笑ってしまうクロエなのでした^^;

| | コメント (11) | トラックバック (0)