« 2008年突入☆ | トップページ | にゃらんからのお土産in山口 »

「楽園」。

楽園 上 (1)

買ったきっかけ:
携帯小説でさわりを読んで、どうしても続きを読みたかったので。

感想:
凄く良かった!報われない気持ちがしないでもないけど、それでもじわ〜っと来る感動は、宮部作品独特。

おすすめポイント:
うーん・・・難しいですが、長編ミステリーがお好きな方には最適です♪

楽園 上 (1)

著者:宮部 みゆき

楽園 上 (1)

「模倣犯」から9年。かの事件により深い傷を負った前原滋子の元に、また新たなる謎に包まれた出来事が・・・!これは何かの前兆なのか。忌まわしい出来事を思い出しつつ、滋子は再び歩き始める・・・。
____________________________

今年最初レビューが、本の紹介になってしまいました^^; 私って本当に映画好きなんか??(笑)

年末に上・下巻併せて買ったのですが、あまりの面白さに一気に徹夜して読んでしまいました^^; もっとゆっくり読めば良いんですけどね~、読み始めたら先が知りたくて知りたくて堪らなくなるんですよ。皆さんも同じじゃありませんか??

この作品の主人公となる前原滋子は、『模倣犯』で出て来た彼女です。
あの事件より9年と言う年月が過ぎ、やっとあの事件から立ち直りかけていた彼女の前に、萩谷敏子と名乗る中年の女性が現れる。彼女の持ち込んで来た依頼とは・・・。
ミステリータッチで、宮部さん独特の感性に溢れた作品です。『模倣犯』を読まれた方には、凄く楽しめる作品だと思います。

両親に殺害され、15年間家の下に埋められていた少女の事件を中心に物語りは進んでいくのですが、途中背筋が寒くなるような描写があり、夜中に読んでいた私は何度も振り返ったり、押入れの方を見たりしてしまいました^^; ホラー映画は全然平気なのに、本になったら怖くなってしまうんですよ(><; なまじ、頭の中で空想が働いちゃって^^;

「大極宮」の一人である宮部みゆきさん。本当に素晴らしい、面白い作品を書く方ですね^^ この作品、とってもおススメです♪ 是非読まれてみて下さい。

|

« 2008年突入☆ | トップページ | にゃらんからのお土産in山口 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ホラー?ミステリー?
怖そうですね^^;
最近すっかり活字離れしてしまっている私としては、クロエさんの読書家な部分、凄いなぁ~と思ってしまいます。
『模倣犯』は映画で観たんですけど、前原滋子っていう女性が出てきたっていう記憶が全く残っていないんですよね~。
映画版だと実は違うとか?中居くんと山崎努しか印象に残ってません。
本で読んだらもっと面白いんでしょうね。
その続編ですかぁ~。ちょっと興味あります~。
本を読む暇が無いので、映画にならないかなぁ。
ってやっぱり邪道しょうか・・・^^;

投稿: でごいちママ | 2008年1月 7日 (月) 16時30分

◆でごいちママさんへ

分野はミステリーですね。『模倣犯』は、この時点で私も映画しか知らなかったんですよ。だけど・・・実は正月2日から丸4日かけて読書三昧をしてたんですが、その中に実は『模倣犯』も入ってて、文庫ではありましたが全巻読破しました。すっごい良かったですよ~~(≧▽≦) そして言える事は、あの映画がどれだけ駄作だったかって事です。物凄く素晴らしいストーリー展開で、読み始めたら止められなくて、4日の内は2日半くらいは家事も全部放棄していました^^;
でごママさんも、機会があったら原作の方を是非読んで下さい!絶対原作の方が良いです!こんどレビューに挙げますね。あまりの素晴らしさに、読み終えた後涙が止まらなくて、家族からウザがられた程です(笑)。

余談ですが・・・私もキーが早く打てません~~(><; ナマってます(笑)。指が全く動かん^^;

投稿: クロエ | 2008年1月 7日 (月) 18時41分

 
クロエさん、
こんにちは。
ずいぶんご無沙汰してしまいました。
お元気でしたか?
 
宮部みゆきさん、
LAYLHAも大好きで、
ほとんどの作品は読みました。
「模倣犯」も読みました。
(映画はちょっとがっかりしましたが…。)
 
でも「楽園」はまだ買っていないのです。
LAYLHAが宮部みゆきさんの本を読むときは
みゆきWORLDに浸るため、
何冊か大人買いして
ひたすら読みまくります。
とっても幸せ~!
 
そろそろ「楽園」も買おうかな~
…と、今日は思いました!
 
 
 

投稿: LAYLHA | 2008年1月24日 (木) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「楽園」。:

« 2008年突入☆ | トップページ | にゃらんからのお土産in山口 »