« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年1月

にゃらんからのお土産in山口

沖縄から新しい目的地へ向けて旅立ったにゃらんより、目的地に着いたと言う連絡が!!
無事に着いたにゃらんから、絵葉書とお土産が届いてました^^ てか、沖縄の時にも絵葉書をちゃんともらってたのですが、がめつい私はお土産の方しか目に入ってなかったんですね^^; あはははー☆

で、今回の目的地だった山口県からのお土産は・・・
Photo「ふぐさし」ですよ~~♪ 皆さん、食べた事ありますか??とっても美味しいんですよ~~!!

何だかね~、食べてたら舌が痺れてくるんですよ^^; 私だけかな~~?
毒持ちの魚って、本当に美味しいんですよ。しかも、ふぐ・・・と言うよりも、「ふく」と言われていますね、ふくは最高級魚。そんじょそこらでは食べられる代物ではないです。まぁ、芸術作品ですね^^ すんごい高いし(笑)。ピンきりでしょうけど^^; 私が食べに連れて行って貰った時は、2人で10万以上しました!あはははは・・・。

さて、今度の目的地は・・・・
それは次回のお楽しみです♪ 私が大好きな所で、一度は行ってみたいと思っているんですよ~~(*^^*) 綺麗な川と、かの有名なお人の出身地として広く知られている所です^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「楽園」。

楽園 上 (1)

買ったきっかけ:
携帯小説でさわりを読んで、どうしても続きを読みたかったので。

感想:
凄く良かった!報われない気持ちがしないでもないけど、それでもじわ〜っと来る感動は、宮部作品独特。

おすすめポイント:
うーん・・・難しいですが、長編ミステリーがお好きな方には最適です♪

楽園 上 (1)

著者:宮部 みゆき

楽園 上 (1)

「模倣犯」から9年。かの事件により深い傷を負った前原滋子の元に、また新たなる謎に包まれた出来事が・・・!これは何かの前兆なのか。忌まわしい出来事を思い出しつつ、滋子は再び歩き始める・・・。
____________________________

今年最初レビューが、本の紹介になってしまいました^^; 私って本当に映画好きなんか??(笑)

年末に上・下巻併せて買ったのですが、あまりの面白さに一気に徹夜して読んでしまいました^^; もっとゆっくり読めば良いんですけどね~、読み始めたら先が知りたくて知りたくて堪らなくなるんですよ。皆さんも同じじゃありませんか??

この作品の主人公となる前原滋子は、『模倣犯』で出て来た彼女です。
あの事件より9年と言う年月が過ぎ、やっとあの事件から立ち直りかけていた彼女の前に、萩谷敏子と名乗る中年の女性が現れる。彼女の持ち込んで来た依頼とは・・・。
ミステリータッチで、宮部さん独特の感性に溢れた作品です。『模倣犯』を読まれた方には、凄く楽しめる作品だと思います。

両親に殺害され、15年間家の下に埋められていた少女の事件を中心に物語りは進んでいくのですが、途中背筋が寒くなるような描写があり、夜中に読んでいた私は何度も振り返ったり、押入れの方を見たりしてしまいました^^; ホラー映画は全然平気なのに、本になったら怖くなってしまうんですよ(><; なまじ、頭の中で空想が働いちゃって^^;

「大極宮」の一人である宮部みゆきさん。本当に素晴らしい、面白い作品を書く方ですね^^ この作品、とってもおススメです♪ 是非読まれてみて下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年突入☆

A HAPPY NEW YEAR!!☆

昨年は大変お世話になりました~~♪
でごいちママさま
徐福さま
花毬さま
LAYLHAさま
nonさま

本当に仲良くして頂いて感謝しています。
今年も何卒よろしくお願いしますm(_ _)m

去年の暮れからビミョーな天気になり、とうとう雪までチラホラしています。さっむ~~(><;)!!このクソ寒い中ではありますが、さっそく初詣に行って参ります(*^^*) 皆さんは初詣はどちらへ行かれますか?我が家では例年、佐賀の「祐徳稲荷神社」と言う所に行っています^^
初詣って、神社にお参りするのもですが、あの露店が楽しみなんですよね~~♪ しかも、「梅ケ枝餅」がサイコーなんです(≧▽≦) 大宰府のには敵いませんけど^^;

それと~、露店の茶店で食べる夜食もこれまたさいくぉ~~(≧▽≦)!!ちょっぴりお高めですけど、なかなか美味いんです^^
・・・あ~~初詣に何目的で行ってんだか・・・(笑)。

皆さんもそれぞれご家族でお出かけされると思いますが、どうぞお風邪など召されませんよう、外に出られる時はしっかり防寒対策を取って下さいネ☆

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »