« 「天使の贈り物」。 | トップページ | 「拳精」。 »

「エンド・オブ・デイズ」。

Photoエンド・オブ・デイズ】


1999年12月31日――1000年紀《ミレニアム》最後の日に悪魔が復活。だが悪魔が世界を支配するためには、運命の下に生まれた一人の女が必要だ。教皇の命により悪魔の魔手から彼女クリスティーンを護るべく修道士がNYに飛ぶが、悪魔の前に成す術は無い。だが元刑事で今は民間警備会社で働くジェリコ・ケインは運命に導かれるまま、悪魔からクリスティーンを守る役目をまかされる事になる。新世紀を賭けた壮絶な死闘が今始まろうとしていた!
____________________________

これまた1999年公開の映画ですね~~。お得意の「世紀末」です(笑)。
当時は「ノストラダムスの大予言」ブームで、映画界にもこの影響が顕著に色濃く反映していました。
以前、『ディープ・インパクト』の記事中でも書いたと思いますが、この頃は色んな観点から考察された「世界の滅亡」を題材にした作品が作られていました。この作品は、聖書の「サタン復活」を元にして作られた物だと思います。宗教に興味ある方には、タマラン内容ではないでしょうかね~。どうだろ??^^;

肉体に物を言わせた演技で、あんまりメンタル面での演技がパッとしないシュワちゃんでしたが、この作品でのシュワちゃんは当時のシュワちゃんと一味違う顔を見せてくれていたように感じます。
完全無欠の圧倒的な強さを持つような主人公ではなく、愛する妻や子供を失い、絶望のあまり自殺未遂を繰り返す元警官の役で、情けない台詞も度々。愛する家族を奪われた事を恨み、信仰心を捨てた主人公が、何故この役回りに徹しなければならなかったのか。ここにこの作品の意味があるんだと思います。

世界の滅亡と完全復活をたくらむサタンの役に、これまた大物俳優のガブリエル・バーン。「サタン」の役に「ガブリエル」とは^^; 茶目っ気たっぷりの演出ですね(笑)。蘇ったサタンの霊体が、ガブリエル・バーンの身体を乗っ取るのですが・・・。何だかね~・・・安易過ぎやしないか??と思えてしまうんですよ。
ロビン・タネイ扮するクリスティーンが産まれて19年間(だったと思いますが、ちょっと記憶が曖昧で・・・。違ってたらごめんなさい)、周りの悪魔信者がサタンの花嫁にするため、あの手この手で守り通して来た設定は、何だか『オーメン』を彷彿させるものがあるのですが、このサタン、目的を遂げるためのみに動けば良いものを、何だかあっちゃこっちゃ手を出して回る始末^^; エロいサタンだなぁと思ってしまいます。だから最後にしてやられるんだって(笑)。

バーンの肉体を失ったサタンが、まんまのおぞましい姿で逃げ回る2人を追っかけて来ますが、このCGが何だか馬鹿ウケ(爆!)。この映画が陳腐な物になってしまったのは、この映像のせいではないかと思うくらいです^^; まだまだCG撮影が発達していなかったとは言え、アレはないだろうと興醒めするシーンでもありました。

それともう一つ、この作品のヒロインであるロビン。彼女の起用も「これって・・・」と首を傾げたくなります。「サタンの花嫁」設定なんだから、もう少し妖艶且つ可憐な感じの子はいなかったんかい?と思うんですが・・・。どうでしょう^^; この映画を観た方は、彼女の配役は納得だったのかしら??
ブス・・・ではありませんが、何だかビミョーな顔立ち。スタイルもさほど・・・と言って良いくらいなんですよ。よっぽど、主治医のトコの奥さんや娘の方が美人でしたよ(笑)。

・・・おや?おやおや?何て事^^; こんな批判的なレビューを書くつもりはなかったんですよ?実際初めて観た時は、シュワちゃんの新境地が拓けそうな雰囲気の映画で、聖書を題材にした構想も私的にはお気に入りだったので、何十回も観ているんです。でも、それが良くなかったんでしょうね^^; 観る度に粗探しをしてしまって・・・(笑)。
初めて観る・・・と言う方には充分に楽しめるオカルトアクション映画ですから、私のレビューに惑わされる事なくどんどん鑑賞されてみて下さい♪

あくまでもこの作品の柱は、「神を信じてこその平和」なのです。

|

« 「天使の贈り物」。 | トップページ | 「拳精」。 »

DVDで観る映画」カテゴリの記事

コメント

あなたの胸の奥にある浮気願望はどれぐらい!?この浮気チェッカーで調べてみよう!!

投稿: 浮気チェッカー | 2011年5月23日 (月) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エンド・オブ・デイズ」。:

« 「天使の贈り物」。 | トップページ | 「拳精」。 »