« 「エレクトラ」。 | トップページ | 「プレデター」。 »

いよいよ始まりました!^^

「医龍-Team Medical Dragon-」。

あの男が帰って来た!去年の春の大人気ドラマも第2弾です^^ 
ゴールデン・タイムを2時間半と言うぶっちぎりの枠で初回を飾りました。第1弾の反響が、どれだけ凄かったかを窺わせますね~。私もこのドラマは(去年のヤツ)、家族でハマって観ていました。モチロン、DVDも揃えています^^

以前の記事で紹介した「白い巨塔」は、どちらかと言うとシリアスドラマでした。このドラマは漫画が原作で、内容的にはシリアスな部分が殆どですが大まかにはコミカルです。ただ一人、主役の坂口君だけが、眉間に皺寄せまくってカッコつけてマス(笑)。でもそこがこのドラマの「うり」なんでしょうけど^^;

前回のキャストとほぼ同じなのですが、今回は稲盛いずみ扮する加藤晶の登場はありません。しかし、適役は健在。前回、タイにとばされた野口元教授こと岸部一徳が、パワーアップして帰って来ます。今回のポストは「リスクマネージメント」と言う、大学病院の運営に携わる、所謂教授よりも更に上の地位です。何でも「オーナー直々」の要請とかで、帰って来た早々教授を一人とばすんですよ(笑)。今回の憎まれ度もかなり期待出来ますね^^

今回のお色気担当(?)は、これまたお久しぶりの内田有紀。初っ端轢き逃げに遭い、明真大学病院のERに担ぎ込まれるも、殆ど助かる見込み無しだった所を、客員医師として呼び戻された朝田龍太郎によって命を取り留めます。初めはただの患者、医療ジャーナリストとしての表向きの顔しか見せませんが、次第にその正体を明らかにしていきます。そう、彼女が黒幕なんですね~。どんな悪役っぷりを見せてくれるか、それとも、前回の稲盛いずみのように味方に変わって行くのか、ここも楽しみの一つです。私は後者だと思っていますが(笑)。

私の大好きな木原医師の存在も健在です^^ 彼を演じているのは池田鉄洋。決してかっこいい!とかじゃありませんが、この話になくてはならない存在です。今回もどんな媚を見せてくれるのか本当に楽しみ!そして、今回の「木原語録」にも期待しています^^ いや、私が勝手にそう呼んでいるだけなんですケドね^^; このドラマをついつい観てしまうのは、坂口君が大好きってのと彼を観るためなんですが、全然本編には関係ないこのキャラが、まるで味噌汁に入れるネギのような役割なんですよ(私にとってですが・笑)。彼がいないと、このドラマの面白味は半減するんではないでしょうか。要チェックの役者さんなので、興味があったら観てみて下さい^^

「金で命は買えるのか?」。
今回のテーマですが、前回は内部抗争にスポットライトを当て、大学病院の腐敗ぶりを皮肉って進めた内容が、この第2弾では衰退する大学病院を金で買い上げる外資系企業との抗争が中心になって来る気配の展開です。

早くヴェールを脱ぎ、黒幕としての顔をみせた内田有紀が、岸部一徳と共謀してどこまで坂口君を追い詰めて行くのか。来週からは大塚寧々が登場しますが、彼女がどういう役割なのか、敵か味方か。朝田龍太郎の新たなる戦いは、まだ始まったばかりです。

相変わらず、上半身裸でイメージ・トレーニングするシーンがありますが、どうしても脱がなきゃいけないのね(笑)。やっぱ、ここんとこが漫画原作だわと笑ってしまうクロエなのでした^^;

|

« 「エレクトラ」。 | トップページ | 「プレデター」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

(゚□゚;)アワワ(;゚□゚)アワワ 見逃した~~~~~~。
以前クロエさんがおススメしてたので、今回はバシッと観るぞ!と思ってたのに~~~。始まる2時間前までは覚えてたのに~~。
これからでも間に合いますかね??・・・・・・・・・?

2時間半とは驚きですねぇ。特別待遇だぁ。
でも、それだけ話が進んじゃったってことですよね(T-T )
クロエさんはこれから毎週ウキウキですね。

投稿: でごいちママ | 2007年10月12日 (金) 19時08分

>でごいちママさま
大丈夫ですよ~^^ 基本、1話完結なので、来週からでも全然間に合います^^ マジで面白いですから、是非是非観て下さい!来週からは、木曜10時からになります。もう娘さんは寝てる時間かな?だったらゆっくり観れると思いますが・・・^^;

今回は、鳴り物入りのスタートでした(笑)。本当に前回が好評だったんでしょうね~。確かに私も、第2弾が必ずあるだろうと踏んでいたので、かなり楽しみにしていました。坂口君は、「このドラマを、自分の代表作にしたい」との熱の入れよう。この役を演じた事で役に対しての考えもかなり変わったらしく、良い意味で成長を遂げさせてくれた作品だとか。また新たなる「朝田龍太郎」を見せてくれる事を多いに期待しています^^

ただ、一つ気になる点が・・・。
坂口君の台詞の言い回しなのですが、語尾に「くっ」て感じのブレスが入るんですよ^^; どうしてもそれが耳についちゃって・・・。アレが何とかならないものかと思ってしまいます。

投稿: クロエ | 2007年10月12日 (金) 21時46分

~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノあぁ
ゆっくり見ようと思って、ビデオ録画しといたのに
今日見るの忘れてたあああああ(>▽<;; アセアセ

花毬も実は前作見てない人です。
結構ドラマとかは好きなので、見てるほうなのですが
いつも1話、2話見逃すと見るのやめちゃうんですよね。
医龍もたぶん1話見逃したか、別ドラマ見てたか・・・

今回は見ますよ~
対抗ドラマが金八先生でしたからね。

これで見てハマルと前作をレンタルしに行くんだろうなああ

ところで、クロエさん
前のコメントでちょっと気になってたのですが
娘さんの例のお祓い?ってどうだったんですか?
症状がどんどん悪くなっていってると書いてたので
ずっと気になってたんです。
大丈夫ですか?クロエさん、無理して倒れないでくださいよぉ~?

投稿: 花毬 | 2007年10月12日 (金) 23時02分

[壁]ロ゜)ハッ、金八は9時だった。
医龍は、普通は10時ですよね。
危うく来週から取り間違えるトコだった(>▽<;; アセアセ

(゜O゜;アッ!何回も失礼しました(*- -)(*_ _)ペコリ

投稿: 花毬 | 2007年10月12日 (金) 23時05分

>花毬さま
初回の対抗馬は、「金八先生」でしたね^^ 私は迷わず「医龍」を取りましたが、他の方はどちらをタイムリーで観るか迷ったんじゃないでしょうか(笑)。
前作も絶対観たくなりますよ!近くだったらDVD貸してあげるんですけどね~。

娘の件ですが・・・、これ書くと長くなりますが良いですかね~・・・。
6日に除霊に行きました。そこで判明したのが、娘の身体には12年前から霊が取り憑いていたらしいのです。しかも、12年前に1体、4年前に1体、2年前に1体と、計3体の霊が憑いていたらしく、それが娘の身体の成長に大きく関わっていたとか。
娘は小さい頃から「円盤状半月」と言う病気を膝に抱えていたのですが、それも霊による発症だったらしいのです。それに気付く事無く年月が経ち、気付かせるために次々と霊が身体に入り込んで行き今日に至っていたらしいのです。ちょうど2年前に突然原因不明の腰痛で、立つ事も歩く事も困難になった事があったのですが、それも全部霊現象だとか。びっくりしました。霊感が研ぎ澄まされているのも、全部身体に入り込んだ霊による影響らしく、それが1度の除霊では取り去ってしまう事が出来ないので、後1、2回は治療(と言う言い方をするのだそうです)しなければ駄目だと言われました。
ただし、「除霊」による効果はあくまでも身体的な事らしく、精神面にどう影響するかは時間が経過しないと見極められないと言われました。除霊をすませた後の娘は驚くほど食欲が出て、それまで食べなかった分を取り戻すかのように食べまくったのですが、連休最後の月曜日に反動が来て、一日吐き続けました。1晩で目の下にクマが出来るほどやつれて、とうとう連休明けの火曜日は学校に行けませんでした。その日は具合が悪かったからと言う事もあったのですが、水曜日の朝になると除霊に行く前よりも症状が悪くなり、布団から出て来なくなったんです。無理矢理起こし、何とか学校に行くように説得するも、前はしくしく泣くくらいだったのですが、あからさまに反抗的な態度を取り始め、私達の言う事に全く聞く耳を持たないと言う雰囲気。水曜日はそのまま無断欠席し、口もきかないまま木曜日になりまた同じ様な朝を繰り返し、とうとう堪忍袋の緒が切れた私は、本当に久々に平手打ちを何発も喰らわせてしまいました(泣)。
「このままじゃ、娘も私も駄目になってしまう」と思い、担任の先生に相談して、中学時代から仲の良かった娘の友達に事情を聞くため電話をかけて貰って、娘の学校での状況を聞かせて貰いました。やっぱり娘の言った事は半分嘘で、実はある特定の子と行き違いがあったらしいのです。しかも聞いた限りでは、娘のミスによる諍いで、それにより娘は友達からの信頼を失いかけていたらしく、その事で娘は殻に閉じ籠るようになって来たとか。

私はその子と話をした夜、眠る事が出来ず何時間も考えました。
娘の「心の弱さ」が原因だと言う結論が、私の中ではっきりしました。自分のミスを直視出来ず、そのミスを何とか解決する糸口を見付けようともせず、逃げる事ばかりを考えている娘はあまりにも弱過ぎます。確かに、「学校」と言う集団の中で生きて行くのは難しいと思います。私達の時代でも同じでした。それどころか、私達の時代は今よりももっと酷かったかも知れません(私達の時代の、所謂「ヤンキー」と言われた部類は、気合の入り方が違いました。私の同級生は、何人鑑別所送りになった事やら)。でも、そんな中に於いても、友達同士の信頼関係と言うのは絶対だった。もし少しでも相手を傷付ける事があったら、必ずどんな形であれ詫びを入れたものです。それをせず、「辛いから、苦しいから」と言って逃げようとしている娘は、私から見ると「卑怯者」です。こんな馬鹿げた行いで、一生を棒に振ろうとしている娘は何て愚かだろうと思って、あまりの情けなさに泣いてしまいました。

電話をくれた娘さん、こんな状態の娘を見捨てる事なくメールや電話をくれるクラスのお友達に頼んで、何とか娘を立ち直らせる方向に持っていけたら・・・と思っています。実際先生からお伺いした処によると、そのお友達は私達の意図を素早く察知してくれて、何でも協力しますと言ってくれているそうです。こんなに素敵なお友達を持っているのに・・・馬鹿ですよ、うちの娘は。

時間はかかるでしょうが、一歩一歩前進して行く努力を重ねたいと思っています。
ご心配頂いて、本当にありがとうございます^^ 私の身体まで心配して下さり感謝してます。ありがとう(涙)。何とか頑張っていますので安心して下さい^^

長々のレスに付き合って下さって、ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: クロエ | 2007年10月13日 (土) 01時09分

レス読ませていただきました。
辛い事も多いようですが、色々と事態が明るみになってきたのはいい事ですね。
娘さんにとっては、きっと今まで友人とのつながりは楽しい事ばかりで、初めて直面する辛い壁だったんでしょうね。
そういう時に逃げてしまいたくなるのは、大人になっても十分にある心理ですから、そこらへんも理解してあげた上でクロエさんらしくゆっくり娘さんに、進むべき道を諭してあげるのが大事ですね。
事態が好転に向かう事を私も花毬さん同様お祈りしています。

除霊の方はまた、大変な展開になってきましたね。
心配です・・・・・。

投稿: でごいちママ | 2007年10月13日 (土) 10時13分

>でごいちママさま
皆さんに心配ばかりかけてしまって、本当に申し訳なく思っています。

逃げたくなる気持ちは充分にわかりますが、やっぱり立ち向かう努力をして欲しいです。自分の弱さときちんと向き合い、起こしてしまった間違いをちゃんと正す事を知らないと、このまま退学し社会人になっても同じ事を繰り返すのでは・・・と、そっちの方が怖いのです。

私も主人も、学生時代にはかなりな目に遭った経験があります。確かに私達は勉強を必死でした記憶はありませんが(笑)、やっぱりそれなりに学生時代と言う物は良い思い出ばかりではありません。あの頃は「社会人」「大人」と言う存在が、かなり楽な物に思えてた時期があります。しかしこうやって大人になり親になってみると、子供の頃がどれだけ楽だったか思い知らされるんですよ。

今を乗り越えられないと、必ずその「ツケ」は本人に巡って来ます。そうなってしまっては遅い。もう大人になったら誰も助けてはくれません。自分で這い上がって何とかするしかないんです。
私達が教えてあげられるのはあくまでも結果論で、今娘が欲している答えではないとわかっています。多分どれだけ諭してあげても、今の娘には届かないでしょう。こんな時支えになってくれるのは、友達でしかありません。まだ娘には支えになってくれる友達がいます。それさえも失ってしまったら、もうどうしようもないんです。だからこそ目を覚まして欲しい。私の今の願いはそれだけです。

色々とアドバイスを頂いて、本当に感謝しています^^ 私も短気な方ですから、ついつい手をあげてしまうのですが、その部分を反省した上で娘と向き合って行きたいと思っています。
コメント、ありがとうございました。

除霊の方は、私達にはさっぱりわからないので、こればっかりは専門家の方にお任せするしかないですね・・・。

投稿: クロエ | 2007年10月13日 (土) 15時54分

親の立場から言えば、逃げずに立ち向かって欲しいですね。
逃げれば楽になるかと言えば、そうでもなくて時間が経てば
経つほど娘さんも辛くなると思います。
大人になった今でもやはり人間関係のいざこざというのは
辛いものがありますから、思春期の娘さんにとってはまさに
地獄のような世界なのでしょうね。

それを思うと心が痛いです。

ですが、心配してくれるお友達がいるんですね。
それを聞いて少し安心しました。
その諍いがあった子と、二人で話し合えればいいんですけどね・・・

きっとそういう事があった友達って、とことん話し合えば
今まで以上に仲良くなったりするんですけどね。

娘さんは、どうしたいんでしょう?

高校生くらいになってくると、親がどこまで介入すべきか
難しくなりますよね。

なにも手助けできませんが、娘さんが頑張ってくれる事を
願ってます。

除霊の件は、なんとも凄い事を言われたんですね。
花毬は、何も見えないくせにただただ怖がりなので自分が
そんな事を言われたらと思っただけで恐怖です。

とにかく少しでも娘さんが楽になることができるといいですね。
気の利いた事が言えなくてすみません(涙)

投稿: 花毬 | 2007年10月14日 (日) 00時28分

>花毬さま
本当に色々ご心配頂いてありがとうございます(涙)。

花毬さんの仰る通り、子供のことにどこまで介入すれば良いのかわかりません。しかも娘がどうしたいのか全くわかりません。わからない事ばかりなんです。

確かに、今娘が置かれている状況がどれほど辛い立場なのかと言う事は、私も一応通って来た道なのでわかる気がします。逃げたくなる気持ちも充分に理解出来るのです。
でも、こういう苦しみって通って来たこそわかるのですが、終わってしまえば「なーんだ」と思えるくらいあっと言う間なんですよね。そんな事のために、一生を棒に振ってしまったら、それこそ取り返しがつかないんです。そこを何とかわかって欲しいと思っているのですが、娘は全く理解してくれる気配がありません。明日は学校と言う事で、早速態度を変えて来ています。学校に行きたくないと言いたいのが見え見えなんですよ。何か怒ったような態度をとってプリプリして・・・。何をどうしたいのやら、見てるこっちがキレそうです。

本当に抜け出せる日が来るのか今の所未定なのですが、焦らずに行きたいと思っています。もしかしたらまたがーっと愚痴ってしまうかもしれませんが、呆れずにお付き合い下さいね。いつも温かいコメントを下さって感謝しています。

投稿: クロエ | 2007年10月14日 (日) 22時09分

今日はもう遅いので覗くだけ~~と思ったのですが、コメントついつい読んでしまいました。
とりあえずまた明日!
ちょっとでもストレス解消になるのなら、愚痴ならいくらでも
聞きますよぉ。

クロエさん、ガンバレ!!!!!!!!!!!!!!!!

投稿: でごいちママ | 2007年10月15日 (月) 01時40分

>でごいちママさま
コメント、ありがとうございました^^ ちょっと確認したい事があってブログを開いた処、でごママさんからコメントがあったのでレスを書いています。

本当に心配ばかりおかけしてしまって、申し訳なく思っています。そして、励ましまで頂いて・・・本当にありがとう(泣)。一進一退の毎日ですが、何とか頑張りたいと思っています。

そう言えば、ブログの方のラジオ当選プレゼント記事、読ませて頂きましたよ^^ 何だか懐かしかったです。お付き合いを始めた頃は、ラジオでの当選記録を中心に運営されてたんですよね~。あの頃を思い出してしまってコメントを残そうかなと思ってカーソルを下げたら、コメント欄は0なのに拍手がされてて・・・。ちょっと嫌な予感がしてそのまま戻って来てしまいました^^;
時間的に、「・・・もしかして・・・・」と言う気がしてしまって(笑)。アレも良くこの時間にコメントを残してたんですよね(私の記憶している限りですが)。どうしても嫌悪感だけは拭えないので、考え過ぎかもしれませんが・・・。

まぁそれはどうでも良いとして、当選報告が聞ける事を楽しみにしてますよ^^ みのさんに直接電話まで頂いたなんて、羨ましい限りです!私もそういう趣味を持てたら良いんですけど、ラジオを聴くと言う事を滅多にしないので、これまた難しい・・・。家にいる時はラジオを聴こうかなとかも思うのですが、どうしても映画を観る事を優先してしまうので長続きしないんです^^; 駄目駄目ですね(笑)。

投稿: クロエ | 2007年10月15日 (月) 02時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ始まりました!^^:

« 「エレクトラ」。 | トップページ | 「プレデター」。 »