« もももも・・・・萌え~~~~っ! | トップページ | 気になる公開映画。 »

「ティム・バートンのコープスブライド」

ティム・バートンのコープスブライド DVD ティム・バートンのコープスブライド

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」に引き続く、ティム・バートン監督のストップモーション・アニメ映画です。

「チャーリーとチョコレート工場」のすぐ後に制作された作品なのですが、これがなかなか面白い!「ストップモーション・アニメ」はあまり日本ではお目にかかる事のない技術。動きは硬いし、「アニメ」と言っても日本で言う処のアニメとはちょっと違和感があるのですが、マリオネット風の人形が表情豊かに動き回り、カクカクと動く様は何とも愛嬌があって可愛らしいんですよ。

この映画は、「チャーリーと・・・」を観た方にはかなりお勧めの作品でもあります。何故かと言うと・・・、

解説: アニメーター出身の鬼才ティム・バートン監督が、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『ジャイアント・ピーチ』に引き続き挑んだブラックユーモアたっぷりのファンタジーアニメ。声優陣には、ゴールデンコンビとして知られるジョニー・デップや監督の妻でもあるヘレナ・ボナムカーターらを迎え、人間とゾンビの奇妙なラブストーリーを描く。全編をとおして昔ながらの「コマ撮り」で撮影された映像は、最近のアニメーションにはない深い味わいがある。

恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。 (シネマトゥデイ)

原題 CORPSE BRIDE/TIM BURTON'S CORPSE BRIDE
製作年度 2005年
製作国・地域 イギリス
上映時間 77分
監督 ティム・バートンマイク・ジョンソン
製作総指揮 ジェフリー・オーバックジョー・ランフト
原作
脚本 パメラ・ペトラーキャロライン・トンプソンジョン・オーガスト
音楽 ダニー・エルフマン
出演もしくは声の出演 ジョニー・デップヘレナ・ボナム=カーターエミリー・ワトソントレイシー・ウルマンポール・ホワイトハウスアルバート・フィニージョアンナ・ラムレイリチャード・E・グラントクリストファー・リーマイケル・ガフジェーン・ホロックスディープ・ロイダニー・エルフマン

主人公のヴィクター・ヴァン・ドートの声をジョニー・デップ、「コープス・ブライド(死体の花嫁)」ことエミリーの声をヘレナ・ボナム=カーターが担当しているからであります☆^^
ジョニー・デップはウィリー・ウォンカ、ヘレナ・ボナム=カーターはチャーリーのお母さん役で出演してました。言わば。バートン作品の常連なんですよ^^ ジョニーは「シザーハンズ」の頃からのバートン監督の大親友、ヘレナに至っては夫婦ですしね^^;

後、ウォンカの父親役で出演していたクリストファー・リーが、牧師の声を担当しています。クリストファーは、今までに出た作品の数が世界一と言う事でギネスブックにも載ってる事でも有名な俳優さんです。ホントに出まくり状態^^; 私が知ってるだけでも何本あるだろ?もし良かったら、皆さんもチェックしてみて下さい。今度記事に特集組もうかしら(笑)。
とにかく、「チャーリーとチョコレート工場」とシンクロしてるんじゃ?と思うほど役者さんが似通ってるんですよ^^

19世紀のヨーロッパを舞台にしてる作品なのだそうですが、上下関係(身分)が激しく区別されていたにも関わらず、大した経歴を持たない貴族は、どんどん落ちぶれて行ってた時代でもあります。日本で言う処の、家禄が乏しい武士よりも、羽振りの良い商人なんかの方がよっぽど金持ちだった、と同じです。
魚屋を営み、成り上がったヴァン・ドート夫妻は、貴族の称号を得るために一人息子のヴィクターを、落ちぶれ貴族のエヴァーグロット家の一人娘・ヴィクトリアと結婚させようと目論みます。当のヴィクトリアの両親は、お金はないクセに気位だけは天下一品と言う、まさしく貧乏貴族の象徴のような夫婦。救貧院行き一歩寸前の現状から抜け出すため、成り上がりと忌み嫌いながらもお金のためにヴィクトリアを犠牲にする事をためらいません。
当事者である2人の意見を全く無視したこの結婚であったのですが、気弱なヴィクターと器量は十人並みでも心優しいヴィクトリアは初対面で惹かれ合い、心を通わせますが、結婚式のリハーサルで大失敗したヴィクターに、「誓いの言葉を覚えるまで結婚は延期」と牧師が意地悪く言い放ち、ヴィクターは家から放り出されます。どうしてもヴィクトリアと結婚したいヴィクターは、夜の森へ出向いて練習をするのですが、突き出た枝をヴィクトリアの指に見立てて指輪をはめてしまった事から悲劇は始まるのでした・・・。

花嫁になれないまま死んでしまったエミリーが、自分に指輪をはめてくれたと誤解し、純粋に喜ぶ姿がとても可愛い^^ 多分生きてたら、ヴィクトリアよりも断然美人だと思うんですよね~。「生きてるヴィクターとお前さんは結婚出来ない。何故なら、誓いの言葉は『死が2人を分かつまで』。お前さんは死んどる。」とグートネクト長老から諭され、泣きじゃくるエミリーの姿に、観ている側も思わず涙ぐんでしまいます。まぁその後の歌には笑えたのですが(笑)。
どうしてもヴィクターと結婚したいエミリーのために、ヴィクターを罠にはめ死者の世界の住人にしようと周りは画策するのですが、その策略を知りながら、次第にエミリーの優しさにほだされて行き、自ら進んで毒のワインを飲もうとしたヴィクターを、最後の最後にやめさせるのはエミリーでした。エミリーの中にも、ヴィクターに対する愛が芽生えていたんですね。

ヴィクターが行方不明になったのを良い事に、エヴァーグロット家の財産を狙って(財産がない事を知らずに)婚約者に成り代わるバーキスと言う悪党が出て来るのですが、実はこいつがエミリーのかつての婚約者。バーキスとの結婚を反対され、財産と宝石を持ち出し、ウェディングドレスを着て駆け付けたエミリーを殺して、財産と宝石を奪った張本人でもあった訳です。良心を捨てる事が出来なかったエミリーは、ヴィクターとヴィクトリアを結婚させようとしていた所に乗り込んできたバーキスを見て、生前の全てを思い出します。激しい格闘の末、ヴィクターに負けたバーキスは、ヴィクターが飲むはずだったワインを飲み干し逃走しようとしますが、時すでに遅し。毒のワインを飲み干したバーキスは死者の世界の住人となり、そこにいた死者達に連れ去られてしまいます。望まないまでも復讐を遂げたエミリーは、ヴィクターとヴィクトリアが見守る中、蝶になって飛んで行くのですが、アニメとは思えないほど余韻の残る映画じゃなかったかと思いますね。

アニメと言うよりも、立派な映画です。
私は字幕版での鑑賞をお勧めしますが、お子さんがいる家庭などでは吹き替え版でも楽しめると思いますよ。「映画は苦手」と言う方でも、気負わず観れる作品です^^

実写版でもイケるんじゃないかなぁ。

|

« もももも・・・・萌え~~~~っ! | トップページ | 気になる公開映画。 »

スカパーで観る映画」カテゴリの記事

コメント

┃電柱┃_ ̄) ジィー・・・・・・
なんなんですか、クロエさん!
これ、この間借りようと思ったけどさすがに
2本見る自信がなかったから、今度にしようと思ってやめたんですよ?
なんでこんなタイミングよくレビューがっ
どこかで見てるんじゃ…キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスのキャラも知らなかったのですが
キングダムハ-ツをやったのをきっかけに知りました。
( ̄。 ̄)ホーーォ。主人公のヴィクター・ヴァン・ドートの声をジョニー・デップがやってるんですかぁ。
そりゃあ、楽しみ(((o(^。^")o)))ワクワク

[壁]ロ゜)ハッ、ゲド戦記見てないし(>▽<;; アセアセ
明日みよう、明日、明日…( ̄。 ̄;)ブツブツ

投稿: 花毬 | 2007年10月18日 (木) 23時16分

>花毬さま
あら?あらあら?そんなにタイミングが良かったんですか??^^; ぢつは、花毬さんをストーカーしてるんですよ、私(笑)。柱の陰から見ている人間にはご用心を・・・(爆笑!)

ちょっと異色のアニメーションなんですが、内容はとっても面白いので是非観て下さいね^^
その前に、「ゲド戦記」を観る事をお勧めしますよ?(ジーーーー)

投稿: クロエ | 2007年10月18日 (木) 23時53分

いつ観ても、ティム・バートンの世界はワンダーですね☆
ちょっとビジュアルもワンダー(笑)な彼ですが、本当にステキ
な人なんだろうなぁと思いマス。
最初は人形のギョロ目顔が不気味で微妙なスタートで観始めた
のですが、気付いたらすっかり引き込まれていました♪
「ナイトメアー・・・」も好きですが、それよりももっと大人でも
楽しみ易い作品に仕上がっていましたね~。
クロエさんのレビューを読みながら、映画の内容をこと細かく
思い出す事ができました♪(そう、大半忘れていました・・・笑)
花毬さんも観ようと思ってたんですね~。正にピンポイント?
彼の作品はあまりハズレがありませんよ~。ね、クロエさん。

昨日の私のブログでは不快な思いをさせてしまいましたぁ^^:
スミマセン。私も何度かあの後自分のブログを訪れたのですが、
何とコメントしていいやらで、すっかりブルーになって、そのまま
コメントできず仕舞いになってしまいました・・・・(泣)
気付けば今日もコメント入ってるし・・・内容は悪くないので、そんな事を言ったら失礼なのかもしれませんが、連日のコメントにちょっと固まってしまって、泣きたい気持ちになってます・・・。
映画ブックの記事もクロエさんに向けて書いたつもりだったのにぃ
~~~、ショック・・・・。
でも、他の方のコメントも沢山入っていたので、もうコメントしなければ・・・めちゃくちゃ気が重いです。
散々悩みましたが、開き直ってコメントするつもりです。
でも、あのコメントの後にクロエさんと花毬さんからコメント頂いていて、ガンバレ~って言われてるみたいでとってもありがたかったです。 すみません、彼を忘れて新しいスタートを切りたいところに、こんな愚痴ばかりで・・・・。
これに懲りず、よかったらまた遊びに来てくださいね。

投稿: でごいちママ | 2007年10月19日 (金) 07時46分

>でごいちママさま
この作品は、ホントに幅広い世代の方に、楽しんで貰える作品だと思います^^ 彼は独特の世界観(私達は「バートン・ワールド」と読んでいますが)を持っているので、それに馴染めない方達にはかなり拒絶されますが、私はミョーに好きなんですよ^^; 変な話、彼にはリメイクして欲しいと思える作品も一杯あるんです^^
奥さんであるヘレナも登場した事ですし、ここは一つ、「ハリー・ポッターシリーズ」の監督も務めて欲しいかも(笑)。

でもまさか、花毬さんのピンポイントに的中だとは、思いもしませんでした^^;

さっきこのレス書く前に、でごママのブログにも行きましたよ^^ 夜中にアレからのコメントが追加されてたのも知ってました(笑)(昨夜は4時までパソコン触ってたんですよ)。んで、でごママのレス読んで大笑い!!何とあっさりしたレス!今まででごママと付き合って来て、あんなつっけんどんなレスをされてる事なんて1度もなかったので、「こりゃ、そーとー気が重いんだな・・・」と、不謹慎ながらも思いっ切り笑ってしまいました。しかも、他の方達に対するレスと明らかに違うし^^; 今回のレスをアレが見て、気付かれてる事に気付くかもしれませんよ(何か変な言い回し・笑)?

昨夜、早速ファイル作成に取り組みました!^^主人からもらってたA4サイズのリングノート(これが業務用なモンだから、ハードカバーで凄くぶ厚い頑丈な代物!)にFC2の時に挙げた記事をコピーし、良い具合に切り取ったり自分の感想をあれやこれやと書き足したりしていたら、あっ!と言う間にあと5、6ページしか残ってない事に気付きました^^; まだ他にも保存しておきたい映画が何十本もあるので、来週にでもノートを買って来て続きを作成しようかなぁなどと考えています。でごママのお蔭で、良い物が残せそうですよ♪ 昨日ファイルした中にも、まだレビューに挙げてない物も山のようにあったので、追々紹介して行きますね☆

私はアレがどういう手を使って来ようと、でごママとの交流を絶つつもりはありません^^ 毎日遊びに行ってますから、安心して下さいね!ただ、今までのようにバリバリコメントを残したら、アレもなかなかの知能犯ですから、いずれ私の存在に気付くんじゃないかと思うんですよ。だからコメントを控え目にしてるだけです。ただ、映画やいちちゃん、食べ物の話なんかを目にしてしまうと、条件反射でついつい書いてしまう(笑)。なるべく目立たないようにはしてるつもりなのですが・・・^^;
多分アレも、私の今のハンドルネームをいぶかしんでいると思いますよ^^ だってURLは残してないし、リンクにも載ってないのにちょくちょくコメント書き込んでるし(笑)。いつかは嗅ぎつけて来るかもしれませんね^^

投稿: クロエ | 2007年10月19日 (金) 09時57分

えええ~~1日で!凄いですねぇ!
ブログだと、いつ不具合でデータがぶっ飛んでしまうかわからないから、他に残しておくのはいい手だと思いマスよぉ♪
何だか楽しくてワクワクしてきませんか???
いつか紹介されることを楽しみにしています♪

すみませんね・・ご心配おかけしてしまって^^;
本当は気持ちの込もったコメントに対してああいうレスを書くのは嫌だったんですけれど、ここで普通にレスしたら彼の行為がどんどんエスカレートしてしまいそうな気がして・・・今、かなりドキドキです。   多分、彼は私が気付いている事に気付いてると思うんですよね。その上でのコメントだと思うので、もう交流やコメントは無しと約束した以上、それを破ってのコメントは容認してはいけないんだな・・・と思ったんです。
きっと頭のいい方ですから(色んな意味で)、あれを見ればわかってもらえるのでは・・・と・・・。お祈り中です。 
怒りだけは買いませんように・・・・南無~~~。

投稿: でごいちママ | 2007年10月19日 (金) 12時24分

>でごいちママさま
うふふふふふ♪ 私の映画にかける情熱をナメちゃいけませんぜ、お姉さん(笑)。まぁそれは冗談として、良い事教えて頂いたなぁと感謝してます^^ ありがとう☆ いつか、いつーーーーーか、機会があったら紹介しますね!
確かにこうやってブログなんかに書き溜めるのも一つの手だとは思います。いつ不具合が起きても対処出来るように、こまめにバックアップはしてるんですが、やっぱりちゃんと手元における物にしたいと思ってたはいたんですよ。そんな時のでごママのあの記事は、とっても参考になりました。

アレとでごママとの間にどんなやりとりがあったかは、私は皆目見当がつきませんが、「交流やコメントはなし」とはっきり伝えたんですね~。何て書いたんですか、でごママ(笑)。ちょっと気になります^^; 良かったら、こちらにでもFC2のシークレットコメントにでも良いので、その時の概要を教えて下さいよ^^
私は、アレから非公開コメントをもらって、心底軽蔑する事が出来ました。ブログや他人に対するコメントでは、まるで人畜無害のおっさんの顔をしているくせに、一皮剥けば自己中心的なオレ様タイプ。自分に批判的な態度を取る人間に対しては、まるで下等生物でも扱うようなあのコメントの内容には、嫌悪感以外何も感じませんでしたよ。自分の方から相互リンクを申し出ておきながら、「相変わらずコメントを頂けないので、考慮の余地なしと思い、削除させて頂きました。でもこれは、当たり前の措置だと思っていますから。」などと平然と書いて来る辺りが、自己中の表れだと気付かないトコがまた凄い^^; 私がコメントを残している方のトコにも顔出して、「貴女はあれ以来、沢山の方にコメントをされていますね。」なんぞと書いて・・・。アンタはストーカーか!っつの。気持ち悪い。あんなヤツがウロウロしているFC2で、今後一切ブログの書き込みなんか出来ないと、本気で泣いてしまいましたよ。しかも、私がコメントを残した途端、訪問履歴に載ってるし。具合が悪くなりました。

今日のでごママのレスを読んで、アレがどう感じるかはこれから次第ですね^^ さすがに今までのように平然とコメントを書き込んで来る事は少なくなると思いますが、こればっかりはわかりません。コメントを残さないまでも、拍手やランキング応援なんかはするかも知れませんし。

多分、怒りは買わないと思いますよ^^ 正体を明らかにしていないのはあちらですし。何かあっても知らん顔してる事が一番アレには堪えるのでは・・・と思います。もし何かしかけて来るようでしたら、すぐ私に言って!私の方は、臨戦準備は整えてありますから!^^(ここで、「燃える闘魂」のテーマが流れる・笑)

投稿: クロエ | 2007年10月19日 (金) 13時11分

才才-!!w(゜o゜*)w、さすがクロエさんは行動力が素晴らしいですね。
見ていて気持ちいいですね。

クロエさん、嫌な思いしましたね。
他の方にコメントしてるのを見て、自分のトコに来ない事に
腹を立てたんでしょうが、それにしても顔の見えない世界ですから
余計に傷つきます。

まあ、そういう方は傷つけるのが目的でしょうから救いがありませんけど。

確かに、でごママよく頑張った!って感じのレスでしたね。
コメントにあまり乗っからなければそのうち飽きるでしょう・・・
ストーカーは飽きないのかな?(・・;)

あ、そうそうゲド戦記みましたよぉ~
やばかったですよ、最初は。
始まってすぐ眠気が・・・ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
いつもなら、ここで見るのをやめちゃうのですが
クロエさんがじーっと見てそうだったので(笑)頑張ってみてました。

いまいちあのアレンの魅力が薄かった気がしなくもないんですけどね。
アレンが、影に脅かされている葛藤とか父を殺すに至った経緯とかが
最初に軽く流されちゃって重みがよくわからなかったので
入り込むのにちょっとだけ苦労しました(・・;)

ジブリ作品の中では劣るのかもしれないなとは思いましたが
今までの作品のクオリティが高すぎるような気がしますね。

比べてしまうので、酷評になってしまうのかもしれないけど
これを単体で見たら、十分素晴らしかったと思いますけど。

投稿: 花毬 | 2007年10月19日 (金) 22時02分

>花毬さま
と言うか、あの作品のどの登場人物にも、感情移入が出来なかったと言うのが正直なトコです^^;
花毬さんの仰る通り、ジブリ作品の中では「イマイチ」だと思います。てか、あまりにも中途半端すぎて、何だかビミョーな余韻でしたよ。でも、単体のアニメとして観る分には、充分に楽しめると思いますね^^ やっぱり主役は、かっこよくなきゃ駄目です(笑)(せめて、「アニメ」と言うカテゴリーの中では^^;)

アレにコメントを書かなかった理由は、以前のレスの中で書きましたよね?でも、当の本人に本当の理由を言って傷付ける訳にもいかないので、私としても複雑な気持ちでブログを訪れてた訳でありますが、アレのブログ記事の内容はとても参考になる物が多かったので、「ブログを開設して2ヶ月」と言う時に記事内で紹介させて貰った処、コメントで返って来たのは批判でした(このコメントは、でごママも実際読んでいるので、知っていると思います)。
その当時から、娘が補習に行かなくなり、登校拒否の片鱗を見せていて、しかも仕事がかなり忙しくなり上手く自分をコントロール出来なくなって来ていた時で、ブログを書く事が唯一の私の慰めだった時でもあったので、私もかなりダメージを受けてしまいました。
まぁ冷静に思い返してみると、何て事なかったのかもしれませんが、当時の私の精神状態では受け流す事が出来なかったんですよ^^; でも、他の方々から温かいコメントや励ましの言葉を頂き、立ち直りかけてた時のアレからの非公開コメントでした。
私の事は、こうやってココログの方で新たにスタートを切れた事ですし、もうどうでも良い事なんですが、でごママを巻き込んでしまった事はどうしても悔やんでしまうんです。本当に申し訳なかったと思っています・・・。

私は何があってもでごママの味方ですから、今回の事で(今回に限らず、これからもですが)何か仕掛けてくるようだったら、絶対にアレを許しません!
花毬さんも応援して下さいね^^(って、他の人を巻き込んでどーするって・笑)

投稿: クロエ | 2007年10月19日 (金) 22時43分

紹介して、批判ですか?
(≧◇≦)エーーー!意味わかんない。

精神的に参ってる時って、ホント心の余裕なくなりますよね。
そんな時は、そういうつもりで言った事じゃなくても
過剰に反応してしまいますよ。
相手には、そんな事関係ないかもしれないけど
でもやっぱり、どんな精神状態であるにしろ受け流さなくちゃ
いけないような言葉ってネット上では止めて欲しいですね。
仲良くなって、言いたい事言ってるのとは訳が違いますもん。

これ以上なにかあったら、花毬も怒ります(`×´) プンプン!!
せっかく楽しくやってる所に、いちいち波風立てる人は
だいっきらいです!!

まさか、ここにはきてませんよね?キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ

投稿: 花毬 | 2007年10月20日 (土) 01時26分

>花毬さま
もっと仲良くなって・・・今リンクさせて頂いてる方達くらいに親しくなれたら、もっと反応は違ってたのかも知れません。つか、そんな日が来たかどうかも謎ですが^^;
励ましのコメントをくれた方の中に、やっぱり似たような目にあって、前のブログは閉鎖した上に2年近くパソコンを開ける事さえ出来なかったと書いて来られた方がいました。「やっぱり、顔の見えないバーチャルな世界だから、相手の本当の事なんてわからないんだし、あの方はCSIな24さんに何を求めてるんでしょうね?そんな完璧な事を他人に求めるなんて、普通じゃ考えられません。」とコメントに書かれてありました。
もう今はその方とのお付き合いもなくなってしまった訳ですが(泣)、そうやってわかって下さる方も沢山いて、本当に嬉しかったですよ(もちろん、でごママもわかってくれた人でした^^)。

まだこちらには来ていません。もしかしたらもう嗅ぎつけているかも知れなくて、ただコメントを残してないだけかもですしね^^; 何とも言えませんが・・・。でも、来るなら来い!ってカンジですよ^^ だって、何にもこちらはしてないんだし(いや、こーやって書きまくってますけどね・笑)。花毬さんのトコも充分気を付けて下さいね。皆の事がとっても心配です。

投稿: クロエ | 2007年10月20日 (土) 08時18分

いっぱいご心配おかけしました~~~~。
クロエさんの所は大丈夫じゃないかなぁ。アドレス一切載せてないし。。。居たらコワイです^^;

秘密のコメントですが、彼からでした。
怒ってはいず、謝罪の文面でした。
「もうご迷惑をかけることはありません。」との事で、訪問もやめる様子だったので、これでひと段落つくのかな・・・とホッとしているところです。
ああ~~~~今日は朝日がキラキラして見える~~( ;∀;)

以前の文面は・・・忘れました・・・。(アルツハイマー?)
あまりクロエさんの事に触れると、クロエさんに再度攻撃が及ぶ恐れがあったので、内情はよく知らない素振りで、「どんなやりとりがあったかはよくわかりませんから、どちらがどうとか言うつもりはありませんが、結果として彼女はブログ閉鎖を決断してしまったわけで、それは私には大きなショックです。 どうしてこのような事になったのか理解できません。 私は彼女が帰って来るまでこのブログで待ち続けたいと思うので、その為には貴方のコメントやリンクが障害になるので交流やコメントをもう一切お断りします」みたいな事を書いたと思いマス。
前日まで普通に交流していただけに、どう切り出していいかわからなくて・・・とりあえず交流を断てればそれでいいかな・・・みたいな安直な考えがいけなかった・・・。(まだまだ彼の性格がわかっていませんでした)
今考えれば彼にしてみれば中途半端な理由だったんですね^^;
私も彼の怒りを恐れて言葉を選び選び・・批判をしたいところをグッと我慢してあえてしなかったのが今回の騒動を引き起こしてしまった原因だったのだなぁ・・・と反省しています。

でもこれで、やっと普通の生活が戻ってくるのかな・・・。
この程度でもかなりのダメージなのですから、当時のクロエさんの心境を思うと、よくブログ更新してたなぁ・・・と尊敬してしまいます。やっぱり強いですね、クロエさん。

投稿: でごいちママ | 2007年10月20日 (土) 10時53分

>でごいちママさま
コメント読んで、ほっとしました^^;
とにかく、貴女に何かあったんじゃないかと、気が気じゃありませんでしたよ(汗・汗)。

謝罪文だった訳ですね~。やっぱりアレは、何が何でも貴女には嫌われたくなかったんだ。よっぽどあのレスが堪えたのかな(笑)。気付かれてるのに気付いてたと言うワケか^^; まぁそりゃーそうでしょうよ。怪しかったですもんね、どう見ても(笑)。

私の事まで庇って下さってたなんて・・・本当にありがたいです。本当に本当にありがとう。
でも、でごママの杞憂がこれで一つ晴れたのなら、本当に良かった^^

折角良い仲間になれると思ったのに、何気ない一言や自分勝手な考えの押し付けで、信頼を失ってしまうんですね・・・。今回のこの事を通して、色々と学ばせて貰いました。

これからも、仲良くして下さいね^^ 私はこの関係を大事に保ちたいと思っていますから・・・。

投稿: クロエ | 2007年10月20日 (土) 11時40分

[壁]* ¨)* ¨) チラッチラッ
ついさっき、でごママさんのとこにコメントしてきましたが?
もしかして、あの管理人のみのコメントの事ですか?気になるのは。

昨日もありましたが、あれはでごママさんによると謝罪文?
だったんですよね。
で、また来てる??(((=_=)))ブルブル

ご迷惑をかけません・・・は、非公開にすればいいって思ったとか?

投稿: 花毬 | 2007年10月20日 (土) 15時22分

>花毬さま
・・・うーん・・・(汗)。
今日私も午前中に非公開コメントを送ったのですが、それにはでごママから返事は来たんですよ。で、午後からもう一度行ったんですけど、1時過ぎに今日挙げられてた「お祭り行って来ます」の記事に、トップバッターに非公開コメントが入ってたんですよね。もしかして、「花毬さんなのかな・・・?」と思ったんですけど、コメントしてる時間が何となく引っ掛かったので、花毬さんにあんなコメントを残してしまったんですよ・・・。ごめんなさいね(泣)。

もしかして、またアレなのかも知れない・・・。一体もう・・・何なのよ!?ちょっとあんまりにも未練がましくね(もしアレだったらですけどね)??確かにしつこいヤツなんですけどね。私の時も、コメントに「これに対しての返事はいりませんから」と何度も書いたのに、しつこくしつこく言って来たし。普通、「返事いりません」て書いてあったら返事しませんよね?

あ~でごママの事が心配です(><) 今日は「忙しい」って言ってたから、まだあのコメントは目にしてないかもしれませんが、もし変なコメントだったらでごママがどれだけ傷付くかと思うと、いてもたってもいられません。どうしよう~、花毬さん~~~(泣)。

投稿: クロエ | 2007年10月20日 (土) 21時13分

。。。o(゜^ ゜)ウーン
結局、返事もらえるからコメント書くと思うんですよ。
ただ、非公開になってしまうと誰にも見えない反面
増長してくるのが怖いんですよね。

謝罪があって、でごママが返事を返してそのまた返事かなって
気がしなくもないですが、そういう方って返事を出せば
延々と戻ってくる気がしてならないんですよね。

優しさにつけこむ?みたいな。

でごママさんに状況を聞かないとわからないですが、クロエさんも
あまり自分のせいみたいに思っちゃダメですよ~~。

投稿: 花毬 | 2007年10月20日 (土) 22時36分

>花毬さま
今までお風呂に浸かって、延々と考えていました。明日結婚式に行くので、髪の毛染めてたのもあって、チョー長風呂しちゃいました^^;

そうですね。確かに彼女の優しさにつけこんでるんだと思います。
結局の処、アレは自分に責任はないと思ってるでしょうし、でごママが自分より私を選んだような気がして、悔しくて悔しくて堪らないんだと思います。とにかく彼女がお気に入りでしたから。自分よりも確実に劣ってる私に、彼女を盗られた事を絶対に認めたくないんでしょうね。だから、名前を変えてでも彼女と交流を保ちたかったんだと思いますよ。

明日は日曜日で、でごママもパソコンに触る時間はないかも知れないので、私の方もあまり大騒ぎせずに根気強く待ちます。

こんな愚痴に、長々と付き合ってくれて、本当にありがとうございました^^ 花毬さんとお友達になれてて、本当に良かったです!

投稿: クロエ | 2007年10月21日 (日) 00時17分

お、明日結婚式ですかぁ
…って、早く寝てくださいよぉ~(・・;)

花毬も昔、ブログではないんですがネットゲーとかで
巻き込まれたことがあるんです。
なんかもう、男性と関わるとロクな事がないという
トラウマ状態です(・・;)
だから、あまり男性には近づきません。
言っちゃ失礼ですが、やっぱり微妙に下心?があるような気がして
ならないんです(被害妄想激しい)

ネット始めたばかりの頃って、まだブログとかも流行ってなくて
結構メル友とか作って遊んだりとかそういうレベルだったんですよね。
で、最初は楽しい話でもだんだん会おうとか写真見せてとか
言われ始めるんです。
やだやだ、、、、男性不審になりそう(*¨) ....ボー

愚痴だけならいくらでも聞きますからね~。
花毬もグチグチ言ってるわけですから、花毬の方こそ
クロエさんとお友達になれてよかったです^^

あ、うちのブログでここのブログリンクしてたのですが
ヤツに気づかれると嫌なので、リンクはずしました。
履歴はないので、うちには来てないとは思うのですが
たどって来られたら嫌なので・・・すみません<(_ _)>

夜中に長々と失礼しました。

投稿: 花毬 | 2007年10月21日 (日) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ティム・バートンのコープスブライド」:

« もももも・・・・萌え~~~~っ! | トップページ | 気になる公開映画。 »