« 「薔薇の素顔」。 | トップページ | 100本達成~!^^ »

「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」。

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード DVD レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この度「映画100本鑑賞計画」を、無事達成する事が出来ました!^^

いやー、さすがにきつかったです^^; まぁ途中色々ありまして、連日連夜映画を観続ける事が出来る環境が謀らずとも整った事もあり(笑)、とにかく怒涛の如く観まくった訳であります^^ 目はしょぼしょぼするわ肩は凝るわでかなり大変だったのですが、この計画を立てたおかげで、日頃が敬遠して観るのを避けてたジャンルの物にも、果敢に挑戦する事が出来ました。

しかーし!100本達成の映画は、何ともショボい映画でして^^; 「これってどーよ!?」と、自分のマニア具合いを改めて疑う結果となった作品なのです(笑)。
今回紹介のこの作品は、100本達成記録の締め括りとなった映画ではありませんが、鑑賞した作品の1本です。

この作品は、ロドリゲス監督の「マリアッチ3部作」の完結でもあり、前作「デスペラード」の続編に当たる作品ですね。
主演は私のお気に入りバンちゃんこと、アントニオ・バンデラス。相手役は「デスペラード」に続きサルマ・ハエックが務めております。

解説: ロドリゲス監督の出世作となった『エル・マリアッチ』とそのリメイク『デスペラード』に続く、三部作最終章のアクション超大作。伝説のラテン・ヒーローに『ファム・ファタール』のアントニオ・バンデラス、そして非道なCIA捜査官に『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジョニー・デップ。この魅力的な2人に加え、歌手のエンリケ・イグレシアスなど豪華キャストが勢ぞろいする。メキシコを揺るがす正義と復讐と愛の物語。

CIA捜査官のサンズ(ジョニー・デップ)は麻薬王バリーリョ(ウィレム・デフォー)のクーデター計画を知る。彼は実行部隊のマルケス将軍の暗殺をエル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)に依頼する。 (シネマトゥデイ)

原題 ONCE UPON A TIME IN MEXICO
製作年度 2003年
製作国・地域 メキシコ/アメリカ
上映時間 101分
監督 ロバート・ロドリゲス
製作総指揮
原作
脚本 ロバート・ロドリゲス
音楽 ロバート・ロドリゲス
出演もしくは声の出演 アントニオ・バンデラスサルマ・ハエックジョニー・デップミッキー・ロークエヴァ・メンデスダニー・トレホエンリケ・イグレシアスマルコ・レオナルディチーチ・マリンルーベン・ブラデスウィレム・デフォーティト・ラリヴァ

前作「デスペラード」が予想外に当たったのが原因か何かはわかりませんが(笑)、今回は凄い顔触れです^^
主役のバンちゃん、サルマは良いとして(この2人が出ない事には「デスペラード」は始まりません^^;)、愛しのジョニー、ウィレム・デフォー、そして何と!ミッキー・ロークが出ちゃってるんですよ~~!!キャーキャーキャー♪ 私くらいの年齢の女性にとって、ミッキー・ロークは「セックス・シンボル」と言っても過言ではないのではないでしょうか?当時のミッキーと来たら、フェロモン全開のやんちゃ坊主で、んでもって観ている側をスクリーンに釘付けにしてしまうほどのセクシー俳優だったんですよ~~♪^^
皆さんの記憶にあるかどうかはわかりませんが、「猫パンチ」でマスコミを騒がせたボクシング騒動や暴力事件などなどで、一気にスターダムから転げ落ちたミッキー。その後、ハリウッド映画界からも遠退き、所在さえも定かでなかった彼が、最近になってボチボチ復帰の兆しを見せているのですが、何ともショックなのが、あの端整な顔を何を考えたか整形しまくり、ミッキーかどうかさえも判別不可能と言うくらい変えてしまった事なんです。声や雰囲気から彼だと言う事はわかるのですが、体型もビミョーにオッサン化し、顔もあれじゃ~当時のフェロモンムンムンのミッキーではなくなっていると言う事は明らかでした。
世の中には、年を取って尚、フェロモン振り撒くオッサン連中も大勢いると言うのに、よりにもよって彼がこうなってしまったのは、残念と言うしかありません(涙)。

話はだいぶ逸れてしまいましたが(笑)、「デスペラード」同様、「???」と思う箇所が多い作品であった事は否めません。
「ありえね~!」ガン・アクションも然る事ながら、相も変わらず「何時代なの!?」な設定の背景。メキシコはあれが日常茶飯事なのかしら??初めて観る人は西部劇か何かと勘違いしちゃうと思いますよ^^;

前作の「デスペラード」から8年の月日はやはりごまかし難く、さすがのバンちゃんも色気がなくなってました(笑)。前作の時には全身から迸るようなフェロモンを放出していたのですが、この作品のバンちゃんはちょっと・・・^^; 確かにそれは、「レジェンド・オブ・ゾロ」でも証明されていますが、このバンちゃんはそれ以上。ううううぅぅぅ~、彼の色気にメロメロの私にとっては悲しい事実なのであります~~(TT) メラニー(奥さん)に吸い取られちゃってんのかしら、バンちゃん・・・(泣)。
相手役のサルマが殺された設定だったので、現実でのからみ役がいなかったのも原因かも知れませんね(笑)。

ジョニーの役処も、これまたビミョーなCIA捜査官の役です。敵なんだか味方なんだか^^; まぁ、「アウトロー」みたいな感じですね。汚職警官の見本のような役なんです。これって、ジョニーがしなきゃならないような役だったのか??
バンちゃん達とは全く違う立場で、ウィレム・デフォーを追い詰めようとするのですが、味方と思ってた人間の裏切りに遭い、両目をくり抜かれてしまうんですね~。いやー、残酷~(><;) でも、ホントにくり抜かれて見えないの?って思うシーンもチラホラ^^; こんな粗も、低予算の作品だから仕方ないんですかね(笑)。

ド派手なガン・アクションはロドリゲス監督ならではで、絶対ありえない!と思いながらもついつい食い入るように観てしまいました。こればっかりは、前作に勝らずとも劣らない出来でしたね~。出来る事ならジョン・ウー監督とコラボって、「二丁拳銃に鳩」って設定でも面白かった気もしますが。あ、背景的にありえないか^^;

そんなこんなで、無事100本達成を成し遂げた私ですが、やっぱり観る作品は偏ってしまったな~と言う反省点もあったりします。
達成記念となった作品については、今度紹介したいと思いますが、これ・・・私としてはレビュりたくない作品なんです~~(><;)!!自己嫌悪に陥っちゃうかも・・・(涙)。

|

« 「薔薇の素顔」。 | トップページ | 100本達成~!^^ »

スカパーで観る映画」カテゴリの記事

コメント

あっ!ジョニー・デップだ。食いついとかなきゃ(笑)
これねぇ・・・前宣伝が悪すぎましたねぇ。
主役は誰!?っていう位ジョニー・デップを全面に押し出した宣伝だったじゃないですかぁ。(パイレーツの大ヒットの後だったし)
バンちゃんの8年越しの続編だったにも関わらずまるでジョニー様が主役のような扱いで「バンちゃんよ・・・o(TヘTo) くぅ 」と涙を禁じ得ませんでした・・・。3部作の完結編なんだからもっとバンちゃんに華をもたせてあげればよかったのにぃ~。
しかも以前レビューなどを読み漁った際、にわかジョニー様ファンの間では、実際映画ではジョニーがちょっとしか出てこないのでブーイングの嵐・・・「もっと出して欲しかった」とか?(それじゃ主役になっちゃうじゃん)「あのおっさん誰?!」とか?(バンちゃん~~o(TヘTo) くぅ)酷いもんでしたよ?
私もこの映画を観た際に、主役2人??みたいな2人の微妙なポジショニングがイマイチに感じましたが、ジョニー様のお好みの 低予算映画&曲者役 という点に妙に納得してしまいました。
でも、ジョニー様が気になって、デスペラードがどのように完結したのか結局頭に入ってこなかったんですけどね??(笑)
ミッキー・ローク!最初目を疑いましたよぉ。そおかぁ、整形してたのかぁ。だからなかなかわからなかたんだぁ。でもいい役でしたよね。最近またポチポチと味のある役で出出したので、頑張ってまらいたいですね♪

昨日はコメント頂いてたのにコメント返しできなくてスミマセン。
この記事読んではいたのですが~、子供に邪魔されて書き込みができませんでした^^; (花毬さんまではなんとか騙し騙しできたのに・・) 

投稿: でごいちママ | 2007年10月28日 (日) 08時21分

>でごいちママさま
いえいえ~^^ 多分「ジョニー出演の映画」って事で、でごママは喰い付いて来るだろうとの確信は、密かに持ってました(笑)。

そうですね~~・・・。折角のバンちゃんの代表作とも言える「デスペラード」の続編にしては、彼の影があまりにも薄くて悲しかったデス(TT) この作品の主役はバンちゃんなのに~~~。皆、ヒドイ・・・。
でもわかる気はするんですよね^^; この頃のジョニーはマジで上がり調子だったし、やっと自分の魅力のアピールを確定出来るようになってた時期だったから、ジョニーの上手さが光りに光って、一体誰が主役なのかわからない状態だったですから^^; バンちゃんファンの私でさえ、ジョニーの方に集中してしまったくらいです(笑)。モチロン、生粋のジョニーファンではあるんですよ?でも、「デスペラード」と言ったらバンちゃん!これだけは譲れません( ̄oo ̄)=3

ミッキー・ロークに至っては、レビューに書いてある通りです^^; 「ナインハーフ」「エンジェル・ハート」「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」の頃のミッキーが懐かしい。でも、壮年に近くなったミッキーが、どんどん味のあるオッサン役で活躍してくれる事を祈ってます♪

コメントは全然気にしないで下さいね!^^ 時間のある時にボチボチ反応して頂ければ、充分に嬉しいですからv^^v

投稿: クロエ | 2007年10月28日 (日) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」。:

« 「薔薇の素顔」。 | トップページ | 100本達成~!^^ »