« お知らせデス。 | トップページ | チビちゃん‘s 来襲!! »

「ミリオンダラー・ベイビー」。

ミリオンダラー・ベイビー DVD ミリオンダラー・ベイビー

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨夜は「メンテナンス中」と言う事もあり、日頃は2時くらいまでパソコンに張り付いている私も、日頃の寝不足を解消すべく(笑)、早々と布団に入りぬくぬくと寝てしまいました^^; 「早々と・・・」と言っても、12時前に寝ると言う事が出来ないので、寝たのは結局1時前くらいでしたが・・・(笑)。

いやー、日頃の習性と言うものはオソロシイもので、大体いつも2時前後に寝て6時に起きると言うのが普通の日常なのですが、早目に寝たせいか体内時計が大幅に狂い、今朝目が覚めたのは7時!!さすがに慌ててしまいました^^; ちょっと早く寝たりすると、いっつもこうなんですよね、私・・・。やっぱどこかおかしいのかしら??

まぁそれはさておき、「ミリオンダラー・ベイビー」の紹介です。
素晴らしいヒューマン・ドラマです。題材は「ボクシング」ですが、最後まで観ると単なるサクセス・ストーリーではないと言う事が充分にわかって頂けると思います。

解説: アカデミー賞で、主演女優、助演男優、監督、作品賞の主要4部門を制覇した、クリント・イーストウッド監督の最新作。ボクシングに希望を見い出そうとする女性とそのトレーナーの心の葛藤(かっとう)を丹念に描いたヒューマン・ドラマ。アカデミー賞で2度の受賞をはたしたヒラリー・スワンクと初の受賞に輝いたモーガン・フリーマンの演技は要チェック。

ロサンゼルスで古いボクシングジムを営むフランキー(クリント・イーストウッド)は、タイトルマッチに挑戦寸前で、唯一の金のたまごでもある選手によそのジムに移籍され意気消沈していた。 (シネマトゥデイ)

原題 MILLION DOLLAR BABY
製作年度 2004年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 133分
監督 クリント・イーストウッド
製作総指揮 ロバート・ロレンツゲイリー・ルチェッシ
原作 F・X・トゥール
脚本 ポール・ハギス
音楽 クリント・イーストウッド
出演もしくは声の出演 クリント・イーストウッドヒラリー・スワンクモーガン・フリーマンアンソニー・マッキージェイ・バルチェルマイク・コルターブライアン・オバーンマーゴ・マーティンデイルマイケル・ペーニャベニート・マルティネスブルース・マックヴィッティネッド・アイゼンバーグモーガン・イーストウッドルシア・ライカーリキ・リンドホームマーカス・チェイト

クリント・イーストウッド監督・製作・主演の2004年(アメリカにおいて)公開作品です。
イーストウッドは、若かりし頃は西部劇の第一線で活躍し、中年期に至ってはガン・アクションの金字塔「ダーティー・ハリーシリーズ」でその名を世界に轟かしめた俳優でもあります。一時期は映画界から遠退き政界に関わった事もありますが、壮年期に入り再びハリウッドに拠点を戻し、以降は主役を務める傍ら監督業にも精を出しています。

この作品は3000万$の低予算、37日間の短期撮影期間と言う、結構悪条件の作品だったにも関わらず、その完成度の高さには驚かされます。ハリウッド映画にはあまり見られない異質性を高く評価され、興行収入約2億$と言う偉業を成し遂げた作品でもあるんですよ。ちょっと観た感じは、ヨーロッパ映画みたいな味わいがあります(画面の暗さとか人物相関図とか)。

この作品のもう一人の主役、ヒラリー・スワンクですが、私は彼女は結構お気に入り^^ 独特の容貌の持ち主なんですが、観る側の印象によって、美人にもキュートにもブスにも取れる、多面性を持った演技派女優なんです。演技力は文句なしのアカデミー受賞の経験あり。この映画でも、アカデミー主演女優賞を受賞します。

321698view005_4彼女がヒロインのヒラリー・スワンクです^^ ちょっと印象的な顔でしょ?でも、本当に上手いんですよ~。
この作品では、イーストウッドに師事をうけ、プロボクサーとして成功したいと言う夢を追いかけるマギーと言う女性の役を演じています。

奥に写っているのは、この作品でアカデミー助演男優賞を獲得したモーガン・フリーマン。彼も素晴らしい俳優さんですよね~。

あらすじとしては、イーストウッド扮するフランキーが経営するボクシング・ジムに入門したマギーは、「女には教えない」と言い張るフランキーを説き伏せ、彼の指導の下着実に実力を上げて行きます。向かう所敵なしの力をつけたマギーに、WBA女子ウェルター級チャンピオン、別名「青い熊」と呼ばれるビリーからの試合要請が来るのですが、反則勝ちをものともしない彼女のリング・ファイトを目の当たりにしたフランキーは、この挑戦を危惧するも、自分の可能性を確かめたいマギーの気持ちを考え、しぶしぶながらも挑戦をうけます。しかしフランキーの危惧は的中し、ラウンド終了後に背後から放たれたビリーのパンチを受けたマギーは、倒れた際にコーナーにあった椅子で首を骨折し全身麻痺となってしまいます。
もう二度と動く事が出来ないとわかったマギーは希望を失い、しかも自分に対して愛情を全く注ぐ事をしない上、体を張って稼いで来た財産まで根こそぎもぎ取ろうとする母親達に絶望し、自殺を繰り返すようになります。そんなマギーが不憫で堪らず、フランキーはある決心を固め・・・。

前半は、「ロッキー」ばりのサクセス・ストーリーなのですが、後半はその転落の最たる物として描かれています。この作品のラストに関しては様々な波紋を呼んだらしいのですが、私一個人の意見としては主人公2人に対する感情移入が凄かったせいか、納得出来るラストだったのではないかと思いました。

321698view001_2このシーンは、マギーが初めてフルラウンドで闘う試合で鼻を折られてしまうシーンなのですが、どうしても試合に勝ちたいマギーは、フランキーに治してくれるよう懇願し、フランキーは口に詰め物を加えさせた後に応急処置で骨を元に戻してあげるんですよ。観てて思わず目をそらすくらいイタかったです(TT)

321698view018_2作中で、試合に臨むマギーのためにフランキーが贈ったガウンに「モ・クシュラ」と言う字が刻まれていて、これが後の彼女の呼び名に変わっていくのですが、この「モ・クシュラ」とはアイルランド語。意味は、「おまえは私の親愛なる者、おまえは私の血」と言う意味(ゲール語で『ああ、私の心臓の鼓動よ』と言う意味があるそうです)。
師弟の関係を超え、強い絆で結ばれていたこの2人。「実の親子以上の愛」なのかも知れませんが、フランキーがマギーに注いだのは間違いなく一人の男としてのソレだったと思うんです。マギーの生命維持装置を外し、アドレナリンを過剰投与し、愛する女性を尊厳死させた後、二度と姿を現す事なく去って行ったフランキー。年老いた彼がその後、どうやって生きて行くのかは明らかにされていません。でも、無様に生き延びるよりもこのまま死にたいと言ったマギーの願いを叶えた後のフランキーが一人で何事もなかったように生きて行くとは考え難く、明かされる事のない結末を思って号泣してしまった私なのでありました。

この作品は、100本鑑賞の内の1本だったのですが、あまりの感動にそれからも何度か再放送を観て、DVDもレンタルしてコピーしてしまいました^^; 久しぶりにのめり込んだ1本です。
PG-12指定の作品ではありますが、幅広い世代の方に観て頂きたい感動作です。機会があったら、是非ご覧になって下さい。その際、どうか色んな偏見や先入観はひとまず捨てて下さいね。人には色んな考え方があると思いますから・・・。

|

« お知らせデス。 | トップページ | チビちゃん‘s 来襲!! »

スカパーで観る映画」カテゴリの記事

コメント

クロエさん、こんにちは♪
この作品、私も大好きです!
役者さんの演技全てが素晴らしくて、ストーリーも
深く心に突き刺さりました。

ところでリンクの件、嬉しいです♪
私の方もこちらのリンク貼らせていただきますね。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: non | 2007年10月31日 (水) 18時51分

◆nonさんへ

こんなに早く、訪問&コメントを頂けるとは思っていませんでした^^; ありがとうございます♪ それと、また相互リンクして頂けるなんて、本当に感激です(TT)

前のブログへのコメントも読ませて頂きました。
本当に・・・何て言ったら良いのかわからないのですが、私だけならともかく、友人にまで被害が及んだ事は、私には許し難い事でした。
私のリンク欄を見て頂ければわかると思いますが、全て以前からのお付き合いの方達ばかりです。でごいちママさま・徐福さまとは、私がFC2でブログを開設間もないからのお付き合いの方で、どうしてもどうしても離れ難く、こちらへ移った時に私の方から声かけをさせて頂きました。花毬さまはでごいちママさまを通じて知り合った方なのですが、本当に色々と親身になってくれて、でごいちママさまとあの人間の騒動があった時も、色々と励まして頂きました。LAYLHAさんは、「映画には疎いから・・・」と仰りながらも、必ず訪問した際にはコメントを残して下さる方で、彼女のブログからも彼女の温かさや人柄の良さが伝わって来る素敵なお嬢さんなので、私の方からこちらへお誘いしました。
実は、nonさんのブログにも何度も足を運び、非公開でお話しようかと思いもしてたのですが、「あっちが駄目ならこっちで・・・」と皆にアピールしているようで、どうしても出来なかったんです。nonさんのブログは、私がブログを始めて最初の段階から何度も覗かせて頂いたブログでした。とても素敵なブログで、憧れて憧れて、それこそコメントを残すようになれるまでかなりの勇気がいりました。殆ど「一目惚れ」状態だったので、片想いでも全然構わなかったんですよ。それなのに、相互リンクまでして頂きながら後ろ足で泥をかけるような事をしてしまった事に、後ろめたさを感じていたので、訪問させて頂きコメントまで残しながらも、どうしてもURLを書き込む事が出来ませんでした。

今回も快く相互リンクを交わして頂いて・・・本当に感激です!今度こそ末長くお付き合い出来るよう努力して行きますね^^ もしあの人間がこちらを嗅ぎ当て、何らかの妨害を仕掛けて来ても、今度は逃げずに立ち向かうつもりでいます^^ この2ヶ月間、色んな方に勇気を頂いたので、前回のようには泣き寝入りはしません♪

こんな拙いブログですが、これからも宜しくお願い致します^^ またnonさんのブログを堂々と訪問出来るようになって嬉しいです~~~(≧▽≦)ノ

投稿: クロエ | 2007年10月31日 (水) 23時12分

ご心配おかけしました。昨日は不意の来客があって、ブログ更新できませんでした^^;何度も足を運んでいただいてスミマセン。

これ~~観てないんですよ~~。本当に娘が産まれてからのものは手付かず状態^^; これでは映画オタク撤回です(涙)
でも、最近はどうにか時間を作って2日で1本位観れないかなぁ・・と試行錯誤中なんですよ。 もうちょっと待ってて下さいネ。 これも、DVDはあったと思うので、絶対に観ます!

なんて言っても唸りたくなるほど豪華な顔ぶれ。私もかなりお気に入りの作品になると踏んでいるんですよ^^
「ヨーロッパ映画みたいな味わい」ですか。何だか更に楽しみになってきました♪ ヒラリー・スワンクはクロエさんが言う通りですね。美人??いや??って未だに印象がひとつにまとまらない女優さんです。 でも、実力派ですね。今後が益々楽しみ♪

以前の方、また一人増えましたね。よかったですねぇ。
以前のブログの賑わいが未だに頭に残る私なので、またこのブログが活気づいていくのは私もとっても嬉しく思いマス。
これでやっと映画のまともなコメントがもらえるかも??(笑)

投稿: でごいちママ | 2007年11月 1日 (木) 09時17分

◆でごいちママさんへ

この映画は、でごママは絶対気に入ると思います^^
「MY MOVIE」の1本になると思いますよ(笑)。

もうこの映画に関しては、得意の毒舌も吐けません^^; 素晴らしい、心に残る珠玉の名作ですよ。その年のアカデミー賞を総ナメにしたのも納得です^^
(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)
主演男優賞は惜しくも逃してしまいましたが、私に言わせれば間違いなく受賞出来たイーストウッドの演技だったと思いますよ。

作中で、ヒラリーのボクシングの相手役・・・と言うか悪役を演じたルシア・ライカですが、本当の女子プロ・ボクサーなんですよ^^ ヒラリーは役作りに当たって、彼女と何度もスパーリングを重ねたとか。見えない所での努力は凄かったんでしょうねぇ。
是非是非観て下さい!

nonさんは、「映画レビューブログ」を開設している私にとって、本当に本当に憧れの方なんです~♪ FC2のブログを閉鎖するとなったら、訪問しにくくなるなぁと思って、今回思い切って正体を明かしちゃいました^^;
nonさんが加わって下さり、また少し賑やかにはなりましたが、私としてはこのままの路線で充分満足しています(≧≦) だってこれ以上リンク増えたら・・・・訪問とコメントで1日終わってしまいますから~~~(笑)。不器用なので、時間配分が上手く出来ない質なんですよ~(TT) だからFC2の時は、3日くらいに分けて訪問してました^^;

「映画のまともなコメント」なんて・・・。皆ちゃんと「まともなコメント」ですよぉ~(笑)。皆さんにはとっても感謝しています^^ これからも可愛がって下さいネ!

投稿: クロエ | 2007年11月 1日 (木) 11時28分

ほんとですよ(ノω・、) ウゥ・・・
花毬なんて、ロクなコメント書けやしませんよ。
映画好きな方々がいて、まともなコメントがあると
花毬は、心置きなくアホな事を書いていられるのですよ(ぉぃ)

あ、書くまでもないのですがこの映画は知りません。
実は、花毬格闘系?血が出るものも苦手なんです。
(*ノωノ) イヤン、実は女の子らしいでしょぉぉぉおお

でも、辛口クロエさんが毒を吐いてないところをみると(笑)よっぽどいいんでしょうね~。

あ、そういえば報告忘れてましたがどろろみたんですよぉ
うちの母と一緒に見ましたよぉ~。
血みどろな部分が苦手な花毬は、最初のいきなり血まみれなシーンに(@◇@;) ウ・・・となったのですが、目をそらしつつ(/▽゜\)チラッっと見てましたぁ

いやぁ~、それにしても長かったです(^▽^;)

うちの母も実は映画嫌いな人なんですよ。
好きな俳優がいないと見ない・・・

ですが、その母がどろろは一緒に見てたんですよぉ

最初、主人がこっそり夜中に見てたらしいのですがそれを寝る前にちらっと10分くらいみたそうです。
その日はさすがに起きてられないって事で寝たみたいなんですが次の日に花毬に見たの?って聞いてきたんです。
見てないよっていったら、じゃあ一緒に見ると言い出して・・・
うちの母は、機械音痴なので1人でDVDも見れない人なんです。世話かかるったらありゃしない(笑)

で、母も面白かったと言ってましたよぉ~
めずらしい(^▽^;)妻夫木くんをいい男だ、いい男だと言ってたので、内容見てるのか妻夫木くんをみてるのか疑問でしたけど(* >ω<)=3 プー

[壁]ロ゜)ハッ、またどうでもいいコメントを長々と・・・
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ニゲローッッ

投稿: 花毬 | 2007年11月 1日 (木) 19時26分

◆花毬さんへ

そんな逃げなくても・・・(゜゜;)
確かに、「どろろ」の妻夫木君はクールで素敵でしたよ^^ 彼のファンには堪らん作品でしょうね~♪ 私も妻夫木君を観てたようなモンでした^^; あんまりお母様と大差ないかも(笑)。

ところで、花毬さんに質問なのですが・・・。コメントに良く出て来る「お母様」。花毬さんの実のお母様ですか?それとも、お姑さん??お姑さんなら、とっても仲が良いんだなぁと思って^^;
私には、主人方の親はもうお2人ともいないので(義父は16年前に他界、義母はもう主人は独身の頃に別居)、いたらいたで煩わしくもあるのでしょうが、何だか羨ましくもあります。
韓流にハマってるお母様と、これからも沢山映画を観て下さいね^^ 「大奥」などは、映画初心者には結構面白いかも知れません。今度一緒に観られてみては??ドラマ感覚で観れるんではないかと思います。

私は花毬さんのコメント、実は密かに楽しみにしてるんですよ??話の脱線具合が何とも面白くて(笑)。
大体私の記事からして大したモノではありませんから、どんなコメントでも嬉しいんです^^ この場を通じて皆さんと仲良く交流するのが目的ですから、チャット化するのは大歓迎!なんです♪ これからもあまり気にせず、どんどん脱線コメントを書いて下さいネ(フォローになってんだかなってないんだか^^;)!

と言う事で、「実は女の子らしい花毬さん」、これからもよろしくデス(≧▽≦)v☆

投稿: クロエ | 2007年11月 2日 (金) 09時38分

(o ̄∇ ̄)o!!ガーン、脱線具合が面白いとか言われてるし・・・
だって、映画の評論なんて花毬には無理なんですからああああ
(pдq`。)ワーン(pд・`q)チラ(pдq`。)シクシク

(。´・ω・)ん?お姑さんなわけないじゃないですかぁ
実母ですよん。義母にアホとかさすがの花毬も言えませんよぉ
第一、義母はうちの母と違ってどちらかというと母らしい母なんです。
きちんとしてるし、琴の先生とかしてるから花毬と違ってお上品・・・
ガサツな花毬はちょっと疲れたりもしますけど。
でもあまりごちゃごちゃ言う人でもないので、仲良くやってますよ。

でもまあ、うるさいなって思ってるうちが幸せなのかもしれません。
いないとやっぱり寂しくもなるんでしょうね。

そういえば、大奥と言えば!なんか昔、うちの母見てましたよ?
最近のじゃなくて、以前のやつ。
うちの母も結構ドラマは見るんですよ。

で、ふと思ったんですけど「どろろ」の妻夫木君から入ったら
やばくないですか?
妻夫木君ってどちらかというと、ナヨナヨしてるイメージが
花毬の中では強いんですけど・・・

冬ソナのヨン様見て(・∀・)イイと言った母が普通の黒髪に戻ったヨン様見て
(" ̄д ̄)けっ!って感じだったんですよ?

ドラマはドラマと割り切れないタイプの人です(´゚ω゚):;*.:;ブッッたまげ

投稿: 花毬 | 2007年11月 2日 (金) 13時56分

◆花毬さんへ

実のお母様だったんですね~。もしかして、一緒に暮らしてらっしゃるとか・・・?

お姑さんは、お琴のせんせぇですか~~~~(×0×;) おわ~、縁のない世界ですぅ~^^; でも上品でそこそこ優しいお姑さんなんて、理想ですね~~。私には絶対対処出来そうにないけど(笑)。

妻夫木君た、ナヨナヨしてるイメージが強いですか??「ジョゼと虎と魚たち」と言う映画を観て貰えば、イメージは一新されると思いますよ^^ 何だか私の中の妻夫木君て、やんちゃなイメージが強いです(笑)。

「大奥」は、私もドラマにハマりました^^; 先月の100本映画の中にこれを入れてるんですが、ドラマの影響が強かったからです^^; そうですね~~~・・・、今度レビューに挙げてみますかね^^

ヨン様は、「冬のソナタ」でスターになりましたが、あの時の役に彼はピッタリだったんでしょう。最近は、ドラマでも映画でもイマイチですもんね~。私はタイプではないので、彼の魅力がさっぱりわかりません^^;

投稿: クロエ | 2007年11月 2日 (金) 21時17分

・・・( ̄  ̄;) うーん
花毬は、ドラマ派じゃないですかあ。
で、今まで見てきたドラマでの役どころがなんかナヨナヨっとした
男役のイメージがあるんですよね。
気が弱い好青年みたいな?

だから、嫌いではなかったんですがあまり好きなタイプでも
なかったんですよねぇ。

でも、どろろの妻夫木君は文句なしにかっこよかったですよぉ~。
どろろですでに、高感度UPです

ヨン様はダメです。
花毬は、年下キラーなので(* >ω<)=3 プー
あまり年が変わらないような人だったり上は要りません(あっちがお断りだっつーの)( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ 

母は一緒に暮らしてマス。
同居はお断りだと言ったのに、旦那に諭されました。
まあ、どっちが親子だかわかりませんよ。
旦那はうちの親とリビングでずっとテレビ見てたりしてても
部屋にこもって出てこないのは花毬の方ですし。。。
旦那のある意味図太い神経に完敗です。

うちの親もきっとなにも考えてないんだろうなぁ
なんてったって、でごママさんのとこでも愚痴りまくりですが
ほんと大雑把にも程がある人なんです┐( -"-)┌ヤレヤレ...

投稿: 花毬 | 2007年11月 2日 (金) 23時31分

◆花毬さんへ

実のお母様と同居・・・。人に言わせれば理想的なんでしょうね、きっと^^; 私は、実の親でも絶対無理です(笑)。私は元来自由を好むタイプなので、束縛されたり制限されたりするのが全然ダメなんですよ^^; 結婚も出来るかどうか謎だったんですが、何でか早々と結婚してしまいました^^;^^; 結婚してからもマイ・ペースを崩さないので、家族には呆れられていますが(爆!)

でも、花毬さんのご主人、素敵な方なんですね~^^ 普通、男ってそこまで出来てませんよ~。偉いわ~。花毬さんのお母様も、そんなご主人だから同居に踏み切れたんだと思います。
素敵なご主人に、座布団十枚!!♪

投稿: クロエ | 2007年11月 2日 (金) 23時58分

花毬も自分の親でも嫌な人ですよ。一緒です(^▽^;)
それってもしかして、一人っ子の典型なんでしょうか?
とにかくうっとおしいのがダメなんです。

うちの親は、何度も言ってマスがうるさいタイプでは
ないんです。
ですが、いるだけでうっとおしいと思ってしまう花毬は
親不孝なのか?といつも考えてしまいます。

旦那は、3人兄弟の長男なので同居はまずいんじゃないのぉ~と
いろいろ言ったのですが、いつの間にかこんな事に・・・
義母も、花毬が一人っ子だからと反対もしませんでしたし
誰か反対したらよかったのにと、未だに思ってる親不幸者です(汗)

投稿: 花毬 | 2007年11月 3日 (土) 00時16分

◆花毬さんへ

そうですねぇ、・・・一人っ子の典型・・・。そう言われれば、そう言う気もします^^;

花毬さんのトコのお母様は大らかな方のようですが、うちの母は昭和初期生まれ、父に至っては大正生まれと、バリバリの昔気質の人間なんです^^; 父はともかく・・・、母は「口うるさい」の典型(--;) タブン私は1ヶ月持ちません(笑)。結婚して、やっと手に入れたこの自由がなくなるかと思うと・・・考えただけでも寒気がします。こんな風に考える私は、「親不孝」通り越して「鬼」ですよ、「鬼」。今度から「鬼畜」と呼んで下さい(爆!)

でもご主人も思い切った事をしましたねぇ。お姑さん達にしても、良く出来たお人ですわ・・・。脱帽・・・( ̄ ̄+)

投稿: クロエ | 2007年11月 3日 (土) 00時27分

その考え、花毬も一緒だったんです。
今でこそ、あーだこーだ言いませんが独身時代はうるさかったんです。
社会人になったら遅くなる時もあるじゃないですか。
あらかじめ連絡入れないと怒られるし、11時過ぎると遅いってうるさいし
だから早く結婚して家出たい~って思ってたんですよ。
だから、同居の話が出た時にクロエさんと同じ事思っちゃったんですよ。
せっかく結婚して自由になったのに・・・ってね。
…ってことは、花毬も鬼畜ぅぅうう?Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~

しかも、子供も大きくなったというのに未だに働きに行くのを
止める旦那・・・
もうここまで来ると、花毬も立派な引きこもりの仲間です。

投稿: 花毬 | 2007年11月 3日 (土) 00時40分

◆花毬さんへ

じゃあ私と花毬さんで、「引きこもりの鬼畜仲間」って事で(笑)。

働きに出るのを止められるんですかぁ~。そりゃー、ちょっと・・・。私も上の娘が小学生になってから働き始めましたが、働き始めた時は感覚を取り戻すのにかなり時間がかかりました^^; 長く主婦ばかりしてると、働いてた時の感覚がなくなってくるんですよね~。花毬さんも、速く社会復帰したい所ですねぇ。

私もかく言う一人っ子。いつかは親達と同居しなきゃならないんでしょうね・・・。今の内、自由を満喫しとかなければ!!

投稿: クロエ | 2007年11月 3日 (土) 00時51分

なんか、あらぬ心配をしてるみたいです。
花毬の事を弱い子と決め付けてマス。
なんなんでしょうね、やっぱり子供の事が旦那の中でも
トラウマになってるのかもしれません。
花毬がパソコン好きなのをいい事に、どんどんやれって
言ってくるんです。
うちの母もそうなんですよ。もう、家に居れば?って感じで。
花毬、無意識のうちにそんな変な事したりしたのかしら?と
不安になります(>▽<;; アセアセ

花毬の場合、なにも資格があるわけでもないし
夢はアフィリエイトで暮らしてく事なんですけどねぇ
思ったようにはいきません。
[壁]ロ゜)ハッ、そんな事言ってるから働かずにパソコンやってろって
事なのかも?!
だとしたら、自分で撒いた種?( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

投稿: 花毬 | 2007年11月 3日 (土) 01時25分

◆花毬さんへ

・・・そうかぁ。子供さんの事があったから、周りはとっても心配してるんですね・・・。
はっ!ホントに何かやらかしたかも知れないですよ、花毬さん!!自分では気付かないまでも、本当は今でも夢遊病だとか・・・(違うって・笑)。パソコンやってる時、正気ですか!?(笑)

「アフィリエイトで暮らす」・・・。素敵ですね~~^^ そう言う特技があるのは羨ましいです。私のやってる事は、単なる趣味程度ですから、全然進歩がないのかも知れません^^;
パソコンに精通してる人って、本当に憧れます~♪

投稿: クロエ | 2007年11月 3日 (土) 01時36分

(゜゜;)エエッ、起きてますよ?起きてますって(-_\)(/_-)ゴシゴシ

普段から、花毬おかしいですか?o(=¬ェ¬=)oジーーーッ
いいや、そんなはずは(σ`・д・)σない!!
おかしいのは顔文字で、花毬は正常です。

アフィリエイトで5万稼げたら、パートに出るよりいいかなっと
思うんですけどね。
遊んでばっかりです((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: 花毬 | 2007年11月 3日 (土) 02時00分

◆花毬さんへ

わかりました^^ 「花毬さんは正常」で、「おかしいのは顔文字」なんですね。こころに留めておきます(>▽^)v

アフィリエイトで5万ですか~。それは、外にバイトに出るよりオイシイですよ!外に出たら出たで、やっぱり交際費がかかって来るんですよ。それってどーなの?とか思ったりもするもんですから、私も自宅で稼ぐ事が出来たらなぁとか思ったりもするんです。

仕事辞めて、何かパソコンで色々見てたら、「副収入がこんなに!」とか言うキャッチフレーズで、スポンサード・リンクに載ってるじゃないですか。それ覗いてみたんですよ。でも何だか、「イベント」らしき物に出ない事には何にも始まらないらしくて、確かに言いたい事はわかるんですが、「月何十万、何百万」とか言われたら、却って嘘臭く感じてしまうんですよね~。こう言う後ろ向きな姿勢がダメなのかも知れませんけどね^^;

だから、花毬さんやでごママさんのように、ブログやHPで稼ぐ事が出来る才能のある人っ憧れてしまいます^^ しかもそればっかりじゃなくて、ちゃんと趣味や娯楽の記事も載せて楽しい記事にしてるから、本当に凄いと思ってるんです。
私もいつかはなれるかなぁ~。いや~無理だろうなぁ~^^; でも頑張ってみる価値はありそうですよね(≧▽≦)!!

投稿: クロエ | 2007年11月 3日 (土) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ミリオンダラー・ベイビー」。:

« お知らせデス。 | トップページ | チビちゃん‘s 来襲!! »